マニラからANAビジネスクラスで帰国とANA特典航空券改悪?

スポンサーリンク
アクセス

翌日帰国で早起きしないといけないのに楽しくて遅くまで遊んでしまったが、数時間で寝て早起きすることができた。ニュースでマニラの渋滞状況を確認したら混んでたから早めに出発することにした。

前回アンヘレスからマニラ国際空港ターミナル3までP2Pバスで2時間だったが、マニラが混んでたから8時半のバスに乗ることした。SMクラークのバス停で待っているとクラーク周遊無料バスが停車していたからクラーク国際空港まで行くかを確認すると行くらしい。クラーク国際空港は無料バスまで運行し、便利になったもんだ。

クラーク国際空港からSMクラークへの無料バス

バスは高速道路出口付近で渋滞につかまり、3時間以上かかるかなと思ったが、前回と違ってターミナル3で先に乗客を降ろしてくれたから、11時過ぎ(2時間半強)に到着した。前回はターミナル3の近くまで行ったのにターミナル1,2で乗客を降ろし、ターミナル3は一番最後だった。

マニラ国際空港のプライオリティパスラウンジの焼売と牛丼

ビジネスクラスだからすぐにチェックインが終わり、出国審査に行ったら、新型肺炎の影響か、並んでいる人がいつもよりかなり少なくて良かった。PAGSSラウンジでシャワーを浴び、ANAビジネスクラスの機内食(和食)よりおいしい焼売と牛丼を食べた。

焼売がぬるい時があり残念だった。他のスタッフに見られないようにお盆で隠してバレバレなのにスタッフがスマホを見てるし、フィリピン人スタッフはANAのビジネスクラスラウンジでもこのレベルだ。シンガポール航空に頼んでラウンジを使わせてもらったら良いのに。

ANAマニラ東京便ビジネスクラスの飲み物

今回のANAビジネスクラスの優先搭乗はまともだった。前回は往復共にいろんな意味でどうしようもないカスサービスだったが、改善されていた。でも機内食(和食)はやっぱりあんまりおいしくない。味付けが関東の味付けだから、関西人には合わない。だから、次回は和食をやめて洋食を予約しておいた。

羽田には定刻より早く着いたから急いで荷物カウンターへ行こうとしたら搭乗口が一番端っこだったようでめちゃくちゃ遠い。1km以上は歩いたと思う。おまけにJALのクルーが2人*2列でしゃべりながら歩いてたから邪魔だった。他の人の邪魔になるからしゃべりながら歩くなと社員研修で言われてるだろうに。羽田空港は通路が狭いから邪魔だ。

急いでANAカウンターへ行き、東京大阪便を早い便に変更してもらおうと思ったら、去年のいつからか特典航空券の国内線乗継便変更はできなくなったらしい。これでさらにANAは利用する価値がなくなったから、さっさとマイルを使ってしまおう。

※後日ANAの乗り継ぎ便をまた利用した時に前の便を薦めてきたからおかしいなと思って確認したら、国際線の乗り継ぎの場合は変更できるらしく、特典航空券の改悪はないらしい。あまりにもぶちギレたし、面倒臭いから内容の変更はしない。これでANAビジネスクラスで3回連続カスサービスをくらった。

おまけに変更できなくなった最終便が遅延してしまい、最終電車に間に合いそうにない。国内線のANAラウンジはビールがあるくらいでカードラウンジと変わらんからいても仕方ないし。東京大阪便は悪天候でさらに遅れ、近くの人が吐いたからもらいそうになった。

受託手荷物を受け取らないといけなかったから、終電はあきらめた。1時間弱の遅延では遅延補償はないだろう。以前のように便を変更できてたら余裕で終電に間に合ったのに。

後日変更できたことがわかり、ぶちギレ。ANAはカスサービス過ぎてLCCと変わらん。

【危険】フィリピンやタイなど東南アジアのトラブル時の緊急連絡先一覧

【危険】フィリピンやタイなど東南アジアのトラブル時の緊急連絡先一覧
フィリピンやタイ、ベトナム、ラオス、インドネシア、マレーシア、カンボジア、ミャンマーのトラブル時の緊急連絡先を掲載する。海外でトラブルに遭遇したのに通報しないと日本人被害者が増えるだけだから、トラブルの窓口へ通報すらできない人が...

【お得】海外旅行の飲食費やオプショナルツアー代などを半額にする方法

【お得】海外旅行の飲食費やオプショナルツアー代などを半額にする方法
アメリカやイギリスなど海外旅行の飲食費やオプショナルツアー代、エステ、マッサージなどを半額にする方法について紹介する。

民泊ホテルAirbnb(エアビー)の合計8,088円クーポン(2019年8月)

民泊ホテルAirbnb(エアビー)の合計8,088円クーポン(2019年8月)
民泊Airbnb(エアビー)に登録すると合計8,088円クーポン(2019年8月)をゲットすることができる。

東南アジアなど海外旅行の必須アイテム11選

東南アジアなど海外旅行の必須アイテム11選
東南アジアなど海外旅行の必須アイテムのセキュリティーポーチやワイヤー付き鍵、携帯LEDライト、スマホ防水ケース、レインコート、SIMカード、SIMケース、大判ストール、風邪薬や目薬、反射バンド、コンドームについて紹介する。

東南アジアなど海外旅行でさらに役立つアイテム8選

東南アジアなど海外旅行でさらに役立つアイテム8選
先日ブログで紹介した商品も含まれるが、めちゃくちゃ暑いドバイに行ってから海外旅行に役立つ物をアマゾンで追加購入してみた。

コメント

  1. マカティ より:

    泣きっ面に蜂ですね。
    ANAには怒電しましょう、そしてラウンジのフィリピンスタッフのクビを飛ばしましょう。
    特典航空券の件も補償を求めましょう!
    JALのCAは通路を封じてるのが悪いので「邪魔だよ」と言って突破しましょう
    間違って手がCAのお尻にぶつかってもそれは不可抗力です。
    満員電車の状況と同じです。seiji伝説をつくってください。
    今はまだベトナムですか?まだベトナムであればジャックフルーツの季節ですので
    食べてみてください。旬の果物は美味しいです。

    • Seiji より:

      マカティさん
      ANA終わってますよね。
      わざわざ東京経由で面倒くさいのにビジネスクラス2往復4回で毎回カスサービスをくらわすんですから。
      ANAのバカスタッフのせいで終電に乗り遅れ、10時間前後時間を無駄にしたのに何の補償もないなんて本当にフルサービスキャリアなんかなと思います。
      JALも特に空港では話しながら歩くなって研修で教えられてるはずなのに情けない話です。
      特に東南アジアは日本人に入国拒否や隔離措置、検疫強化をしまってるからもうどこにも行けなくなります。

      • マカティ より:

        怒電はしなかったんですか? JALのCAは武漢肺炎のどさくさに紛れてお尻にぶつかっても
        有事の時の無罪ですね)^o^(

        • Seiji より:

          マカティさん
          バカANAに電話しても無駄です。
          VIPがいるからって同じビジネスクラスの乗客をCAがとうせんぼするくらいのカス会社ですから。

タイトルとURLをコピーしました