ラオスのかわいい女子大生がルアンナムターまで会いに来てくれた?

ラオスのルアンナムターのメインストリート?

ラオスのルアンナムターのメインストリート?

アプリで知り合ったラオスのかわいい女子大生がファーサイからルアンナムターまでわざわざ会いに来てくれたのか?






チェンマイの強烈な煙害のせいでチェンマイではずっと体調不良だった。煙害と体調不良でほとんど外出できず暇だったから、BeeTalkというアプリで遊んでいた。アラフォーのおじさんでもチャットくらいはしてくれる子が数人いた。

チェンマイからラオスのルアンナムターへ向かう途中のチェンライでルアンナムター滞在後チェンライに滞在する予定だったから、BeeTalkで友だち申請をした。BeeTalkは友だち申請をして許可してくれないとチャットができないらしい。

友だち申請を許可してくれた子の中にチェンライではなくラオスのファーサイのかわいい女子大生がいた。今ルアンナムターへ向かっているから遊びに来たらなんて話をした。ラオスの女子大生もBeeTalkを使うことを知った。ラオス(特にルアンナムター)は中国に近いから、WeChatを使っていると思っていた。

ルアンナムターはド田舎で特に何もすることがなく暇で自転車を借りて町中をぶらぶらするくらいだった。ある時BeeTalkを見たらファーサイのかわいい女子大生が数十mにいるという表示を見たから、メッセージを送ってみた。

そしたらすぐに写真と地図を送ってくれたから、わざわざ遠いルアンナムターまで会いにきてくれたのかと思って送ってくれた場所のレストランへ行ってみた。

その子は写真を撮る時に写真アプリを使っていなかったから、写真よりかわいかったが、ほとんど会話をしてくれず一緒にいた友達か親戚の子が会話をしてくれた。

タイは視覚優位というか外見重視の子が多いみたいでとにかく写真アプリを使っている子が多い。本人と写真が全然違うから写真アプリと厚化粧はとにかく止めてほしい。そんな視覚優位の子は外見重視だけに男前しか基本的に相手にしてくれない。

近くにバーがあったから誘ってみたら断られた。おっさんだし男前じゃないから仕方がないなと思いながらホテルへ帰った。アプリでやり取りをすると親戚か友だちとたまたまルアンナムターに来ただけでわざわざ会いに会いにきてくれたわけではなかったようだ。

iPhoneのことはよくわからないし、興味がないが、iPhone7を使っていたからラオスではお金持ちの子なのかもしれない。数日後に見ると友だち申請を却下されてメッセージを送れなくなっていたから、よっぽど嫌われたんだと思った。

ブロックされたわけではなくフォローはしたままだったから、日本へ帰国後に友だち申請でメッセージを送ってみたら、許可してくれメッセージを送れるようになった。どうやら英語をほとんど話せないから、会話をほとんどできなかったようだ。日本語英語を使っているから英語の発音がさらにわかりにくいだろうなと反省した。















Pocket

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です