ビエンチャン市内からビエンチャン国際空港へ配車サービスで移動

スポンサーリンク
アクセス

ビエンチャンのラオシルクホテルからビエンチャン国際空港(ワッタイ国際空港)へは配車サービスのLocaで移動した。

ラオシルクホテルからビエンチャン国際空港へは空港バスを乗り継げば行くことができるが、時間がかかるから、便利な移動手段を探していた。ネットでたまたまビエンチャンにもGrabタクシーのような配車サービスLocaがあることを知ったから、ホテルからビエンチャン国際空港まで使ってみた。

ラオスのビエンチャンの配車サービスLocaのクーポン

料金は5万キップ強だから、ぼったくりじゃないトゥクトゥクと大体同じ料金だったが、遅くて乗り心地が悪いトゥクトゥクよりも新車のピックアップの方が快適だった。写真のLocaのプロモを入力するとクーポンがもらえるようだ。

ビエンチャンのワットタイ国際空港の空港バス

ちなみにラオシルクホテルからビエンチャン国際空港まで空港バスで行った場合セントラルバスステーションで乗り換え、1時間弱(料金3万キップ)もかかる。もうちょっと遅くまでバスが増えたとの噂を聞いたが、気にせいなのか?それともホームページの更新を忘れたのか?

ビエンチャン国際空港(ワッタイ国際空港)の空港バス時刻表

VIENTIANE CITY BUS

ビエンチャン国際空港のスクート

ビエンチャン国際空港へ到着し、スクートのカウンターでチェックインをしたらバクラが担当で前の方の窓側の席をくれた。東南アジアでは仕事を頼む時は男には優しくて仕事が速いバクラに頼むのがおすすめだ。

出国審査を終えても狭い空港でプライオリティパスラウンジがないからすることがない。小さな免税店ではウィスキーなどが売っていた。ラオスは酒税が安いから、酒飲みには最高だ。タイのウィスキーはタイよりラオスで買った方が断然安い。ラオスウォッカはたった2万キップで売っていた。

ビエンチャン国際空港の新しい座席

中国からの観光客が多く狭い空港の席はどんどんなくなっていった。熊本ビエンチャン便を就航するらしいラオス航空はいまだにリコンファームが必要な珍しい航空会社だ。ラオスは美人が多いから、ラオス航空のCAを見るためにラオス航空のチケットを買ってみた。リコンファームは面倒だが、買ってすぐにラオシルクホテルから近いラオス航空のオフィスでリコンファームの手続きをした。

ビエンチャンの凱旋門

ラオスでバイクや車を運転する時は国際免許じゃなくて運転免許証使用証明書(ビエンチャン特別市内の公共交通事業省本省庁舎のみで交付)が必要らしいから要注意。人様の国へ行って遊ばしてもらうのに無免許運転なんて論外だ。ビエンチャンでチップをねだる悪徳警官にも要注意だ。

【危険】フィリピンやタイなど東南アジアのトラブル時の緊急連絡先一覧

【危険】フィリピンやタイなど東南アジアのトラブル時の緊急連絡先一覧
フィリピンやタイ、ベトナム、ラオス、インドネシア、マレーシア、カンボジア、ミャンマーのトラブル時の緊急連絡先を掲載する。海外でトラブルに遭遇したのに通報しないと日本人被害者が増えるだけだから、トラブルの窓口へ通報すらできない人が...

【お得】海外旅行の飲食費やオプショナルツアー代などを半額にする方法

【お得】海外旅行の飲食費やオプショナルツアー代などを半額にする方法
アメリカやイギリスなど海外旅行の飲食費やオプショナルツアー代、エステ、マッサージなどを半額にする方法について紹介する。

民泊ホテルAirbnb(エアビー)の合計8,088円クーポン(2019年8月)

民泊ホテルAirbnb(エアビー)の合計8,088円クーポン(2019年8月)
民泊Airbnb(エアビー)に登録すると合計8,088円クーポン(2019年8月)をゲットすることができる。

東南アジアなど海外旅行の必須アイテム11選

東南アジアなど海外旅行の必須アイテム11選
東南アジアなど海外旅行の必須アイテムのセキュリティーポーチやワイヤー付き鍵、携帯LEDライト、スマホ防水ケース、レインコート、SIMカード、SIMケース、大判ストール、風邪薬や目薬、反射バンド、コンドームについて紹介する。

東南アジアなど海外旅行でさらに役立つアイテム8選

東南アジアなど海外旅行でさらに役立つアイテム8選
先日ブログで紹介した商品も含まれるが、めちゃくちゃ暑いドバイに行ってから海外旅行に役立つ物をアマゾンで追加購入してみた。

コメント

タイトルとURLをコピーしました