日曜日にマニラ(ニノイ・アキノ)国際空港の出国審査で長蛇の列

GMA NEWS ONLINEによると、4/2(日)にマニラ(ニノイ・アキノ)国際空港ターミナル3の出国審査で長蛇の列ができ、国際線の乗客は長時間待つことになった。

マニラ(ニノイ・アキノ)国際空港ターミナル3の出国審査に時間がかかった理由はイミグレのスタッフが19人も休んだことが原因らしい。宗教で日曜日が特別な日だから、休む人が多いだろう。空港の利用客が一番多いのはおそらく日曜日だろうが、フィリピン人の公務員でそういう配慮をできる人は少ないと思う。

フィリピンでは日曜日を全員強制出勤にしたとしても休む人が多そうだ。ショッピングモールでも日曜日に休むスタッフが多いのか、少ないスタッフが忙しそうに働いている店がある。お客はレジの長蛇の列を待つことになる。お客が多いし、自分も遊びたいから、特に給料日後の日曜日は休むスタッフが多いだろう。

いっそのことフィリピンでは空港もショッピングモールも日曜日は休みにしてしまえば良いと思うが、土日はマニラの渋滞がマシなことが多いから、マニラを移動するなら土日の方が便利だ。出国審査の長蛇の列よりマニラの平日の大渋滞の方が時間が余計にかかってしまう。

2017年の4/13~16のホーリーウィーク(聖週間)はさらに休むスタッフが多そうで、空港の利用客がさらに多いだろうから、長時間待つことを考慮に入れ、早めに移動した方が良いだろう。フィリピンの空港は入口でも荷物検査があり、飛行機に乗るのに時間がかかる。飛行機に乗り遅れたら悲惨だ。ホーリーウィーク(聖週間)のフィリピン内の移動はかなり大変そうだ。

曜日や日付は関係なく毎日が同じ日であることが幸せだと思う。

サンキューポ

Pocket

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です