マニラ国際空港から空港バス⇒アンへレス行きのバスを利用

マニラ国際空港の空港バス

マニラ国際空港の空港バス

マニラ国際空港からパサイのバスターミナルまで空港バス、パサイのバスターミナルからアンへレス行きのバスを利用する方法について役に立つ情報を紹介します。 移動時間に余裕があり、荷物が少ない人は移動費用が安くお薦めです。

▼目次

  1. マニラ国際空港からパサイのバスターミナルまで空港バス
  2. パサイのバスターミナルからアンへレス行きのバスを利用
  3. アンへレスからマニラ国際空港までの同じ方法での復路




マニラ国際空港からパサイのバスターミナルまで空港バスのエアポートループバス(20ペソ)、パサイのバスターミナルからアンへレスのバスターミナルまでバス(146ペソまたは150ペソ)を利用すれば、アンへレスのバスターミナルまで170ペソ以内で行くことができます。

マニラ国際空港からパサイのバスターミナルまで空港バス

マニラ国際空港から空港バスのエアポートループバスまたはUBE ExpressのGrand Prix Routeでパサイのバスターミナルへ行きます。 エアポートループバスはMRTのタフトアベニュー駅近くのHotel Sogo裏のバスターミナルへ、UBE ExpressのGrand Prix Routeはパサイのビクトリーライナーバスターミナルへ行くことができます。

料金はエアポートループバスが20ペソと安いですが、エアポートループバスの公式サイトが見つからず運行状況がわかりません。 エアポートループバスについて詳しい方の情報をお待ちしています。

UBE ExpressのGrand Prix Routeは300ペソと高いですが、30分毎(2017年1月現在1時から2時まで除く)に運行しているから、深夜や早朝に移動する時は比較的安全かもしれません。 空港バスの詳細はマニラ国際空港からマニラ市内への空港バスを参考にして下さい。

パサイのバスターミナルからアンへレス行きのバスを利用

空港バスでパサイのバスターミナルに到着すると、アンへレス行きのバスを探します。 バスの正面に行き先が書いてるから、すぐにわかりますが、念のためバスの運転手や車掌にアンへレスへ行くかどうかを確認した方が良いです。 バスによってはAngeles(アンへレス)ではなく、Dau(ダウ)またはMarquee Mall(マーキーモール)と表示していることがあります。

パサイでもファイブスターバスを利用することが多かったです。 マニラからアンへレス行きのバスを参考にして下さい。

アンへレスのバスターミナルに到着すれば、トライシクルまたはジプニーでアンへレスのホテルへ移動します。 スーツケースを持っている場合はトライシクルを利用した方が良いでしょう。 アンへレスのバスターミナルのトライシクルはぼったくり料金を言ってくることがあるから、注意が必要です。

参考:アンへレスのバスターミナル

アンへレスからマニラ国際空港までの同じ方法での復路

空港バスでマニラ国際空港へ行く場合はアンへレスの各バスターミナルからパサイのバスターミナル行きのバスに乗ります。 ダウバスターミナルでバスを待っているといろんなバス会社のバスがやってきます。 同じパサイ行きでもバス会社によってバスターミナルの場所が若干違います。

アンへレスからのパサイ行きのバスはクバオ行きのバスより少ないから、時間に余裕を持って移動した方が良いです。 故障や事故の危険があるから、フィリピンの古いバスには乗らない方が良いでしょう。

空港バスのエアポートループバスを利用する場合はMRTのタフトアベニュー駅近くのHotel Sogo裏のバスターミナルへ行くためにタフトアベニュー駅近くのNAIADSS LPG Stationでバスを降ります。 パサイ周辺の渋滞がひどい場合を除き、降りる人がいればパサイ行きのどの会社のバスも基本的にタフトアベニュー駅近くのNAIADSS LPG Stationに停車します。

タフトアベニュー駅近くのNAIADSS LPG Stationの場所

参考:マニラ国際空港からマニラ市内への空港バス

パサイ周辺の渋滞がひどい場合は別の道を通る可能性があります。 リゾートワールドマニラ周辺へ迂回し、マニラ国際空港ターミナル3からパサイのバスターミナルへ向かったことがあります。

タフトアベニュー駅近くのNAIADSS LPG Stationで降りると、MRTのタフトアベニュー駅近くのHotel Sogo裏のバスターミナルへ行くには歩道橋を渡る必要があります。 面倒だったらバスでパサイのバスターミナルまで行き、タクシーでマニラ国際空港へ行くのが良いでしょう。

パサイのバスターミナルで客待ちをしているタクシーは、近いマニラ国際空港へ行く場合料金交渉が必要なことが多いです。 渋滞状況によって違いますが、マニラ国際空港ターミナル3までだったら100ペソ前後、マニラ国際空港ターミナル1までだったら200ペソ前後が目安になります。 故障や事故の危険があるから、フィリピンの古いタクシーには乗らない方が良いでしょう。

マニラからアンへレス行きのバスで紹介した予約制のバスを利用し、アンへレスのホテルからマニラ市内へ行く方法もあります。 アンへレスは各都市からマニラへの中継地点で、アンへレス発マニラ行きのバスが少ないから、時期や時間帯によってはバスが満員で乗れないことがあるからです。

※マニラ国際空港の正式名称はニノイ・アキノ国際空港(Ninoy Aquino International Airport)、略称はNAIA(ナイア)、空港コードはMNLです。








▲目次にもどる



Pocket

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です