マニラ国際空港から空港バス⇒電車⇒アンへレス行きのバスを利用

マニラLRT-1のBalintawak駅

マニラLRT-1のBalintawak駅

マニラ国際空港からLRT-1のEDSA駅まで空港バス、LRT-1のEDSA駅からBalintawak駅まで電車、Balintawak駅周辺からアンへレス行きのバスを利用する方法について役に立つ情報を紹介します。 階段の上り下りや電車で荷物チェックがあるから、旅慣れ荷物が少なくマニラ市内の渋滞を回避したい人にお薦めです。

▼目次

  1. マニラ国際空港からLRT-1のEDSA駅まで空港バス
  2. LRT-1のEDSA駅からBalintawak駅まで電車
  3. Balintawak駅周辺からアンへレス行きのバスを利用
  4. アンへレスからマニラ国際空港までの同じ方法での復路




マニラ市内が大状態の時にはマニラ国際空港からアンへレスまでタクシーで行くより短時間で到着するかもしれませんが、移動が複雑で階段の上り下りや電車で荷物チェックがあるから、旅慣れ荷物が少ない人のみにお薦めです。

私は長期滞在のためにいつも荷物が多く、この移動方法で移動したことも移動しようと思ったこともないです。 この移動方法での注意点があれば情報をお待ちしています。

マニラ国際空港からLRT-1のEDSA駅まで空港バス

マニラ国際空港から空港バスのエアポートループバスまたはUBE ExpressのGrand Prix RouteでLRT-1のEDSA駅へ行きます。 エアポートループバスはMRTのタフトアベニュー駅近くのHotel Sogo裏のバスターミナルへ、UBE ExpressのGrand Prix RouteはパサイのKabayan Hotelへ行くことができます。

LRT-1のEDSA駅の場所

料金はエアポートループバスが20ペソと安いですが、エアポートループバスの公式サイトが見つからず運行状況がわかりません。 エアポートループバスについて詳しい方の情報をお待ちしています。

空港バスの詳細はマニラ国際空港からマニラ市内への空港バスを参考にして下さい。

LRT-1のEDSA駅周辺は慢性的に渋滞しているから、空港タクシーで他のLRT-1の駅に行く方が時間短縮になる可能性があります。 渋滞の時でもバスは同じ道を基本的に通りますが、タクシーは抜け道を使うからです。

LRT-1のEDSA駅からBalintawak駅まで電車

LRT-1を利用する時は階段の上り下りや荷物チェックがあるから、荷物が多い人にはお薦めしません。 車内が混雑していれば、スリなどの危険もあります。

LRTなどでbeepカードを使えるようになってからマニラの電車には乗ったことがないから、LRTの利用方法や注意点などの情報をお待ちしています。

参考:マニラの電車

Balintawak駅周辺からアンへレス行きのバスを利用

LRT-1でEDSA駅からBalintawak駅に到着すると、北側の道路へ向かいます。 どこでバスを待てば良いかは道路でバス待ちをしている人が多いから、すぐにわかると思います。 マニラからアンへレスやルソン島北部の町へ行く多くのバスがBalintawak駅を通ります。

2016年11月にマニラからアンへレス行きのファイブスターバス(子会社のバス)を利用した際に、ファイブスター系列のバスはすべてBalintawak駅近くのTotalというガソリンスタンドで乗客数のチェックをしていました。 そのTotalガソリンスタンドでバスに乗るのも良いでしょう。

Balintawak駅近くのTotalガソリンスタンドの場所

フィリピンの長距離バスは不正防止のため乗客数チェックをします。 バスの乗客チェックの場所はよく変わるから、もう変わってしまっているかもしれません。

Balintawak駅周辺でバスに乗ると満席で通路にプラスチックのイスを置き、座らせられることがあるから、安全上の問題があります。Balintawak駅周辺からアンへレスのバスターミナルまでは渋滞がなければ1時間強で到着しますが、席が空いているかどうかを確認してからバスに乗った方が良いです。

アンへレスからマニラ国際空港までの同じ方法での復路

アンへレスの各バスターミナルからLRT-1のBalintawak駅までバスで行く時はパサイ行きまたはクバオ行きのバスに乗ります。 ダウバスターミナルでバスを待っているといろんなバス会社のバスがやってきます。

パサイ行きとクバオ行きどちらもBalintawak駅を通りますが、バスに乗る前にバスの車掌または運転手にLRT Balintawak Stationへ行くかどうかを念のため聞いた方が良いです。 事故の大渋滞や通行止めの場合はBalintawak駅近くを通らないかもしれません。 Balintawak駅を通らない場合はMRT-3線の駅近くでバスを降り、タフト・アベニュー駅へ行くこともできます。

故障や事故の危険があるから、フィリピンの古いバスには乗らない方が良いでしょう。

参考:マニラ国際空港からマニラ市内への空港バス

階段の上り下りや電車で荷物チェックがあるから、荷物が多いと移動が大変です。 スーツケースなどの荷物が2つ以上あり歩く時に両手を使う場合は、フィリピンではスリやストリートチルドレンが寄ってくることがあるから、外を歩くことは控えた方が良いです。 マニラではタクシー、アンへレスではトライシクルでの移動が良いでしょう。

※マニラ国際空港の正式名称はニノイ・アキノ国際空港(Ninoy Aquino International Airport)、略称はNAIA(ナイア)、空港コードはMNLです。








▲目次にもどる



Pocket

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です