マニラ国際空港からタクシー⇒アンへレス行きのバスを利用

大渋滞のマニラでバス

大渋滞のマニラでバス

マニラ国際空港からマニラ市内のバスターミナルまで空港タクシー、バスターミナルからアンへレス行きのバスを利用する方法について役に立つ情報を紹介します。 荷物が多くない時(スーツケース1個)はいつもこの方法でアンへレスへ行っていました。

▼目次

  1. マニラ国際空港からマニラ市内のバスターミナルまで空港タクシー
  2. マニラ市内のバスターミナルからアンへレス行きのバスを利用
  3. アンへレスからマニラ国際空港までの同じ方法での復路




マニラ国際空港からアンへレスまでタクシーを利用すると3千ペソ前後はかかりますが、この方法でマニラ市内の渋滞がひどくなければアンへレスのホテルまで千ペソ以内で行くことができます。

マニラ国際空港からマニラ市内のバスターミナルまで空港タクシー

マニラ国際空港からマニラ市内のパサイまたはクバオのバスターミナルまで空港タクシーで向かいます。 特にマニラ国際空港ターミナル1の空港タクシーは改造メーターを使ってくることが多いから要注意です。

マニラ国際空港の利用者が多いため空港タクシーをすぐに利用できるとは限らないことがネックです。 もし空港タクシーに長蛇の列ができている時は空港バスを利用した方が良いかもしれません。 時期や時間帯によっては空港タクシーに2時間前後並ぶことがあるそうです。

パサイのバスターミナルはマニラ国際空港から近いですが、パサイのバスターミナル周辺は平日慢性的に渋滞しているから、クバオのバスターミナルまで空港タクシーで行くことが多かったです。 空港タクシーでパサイのバスターミナルまで行くと、空港タクシーで渋滞にはまり、アンへレス行きのバスでも渋滞にはまってしまう可能性があるからです。 マニラ市内の移動は渋滞しているかどうかでかかる時間がまったく違います。

マニラ国際空港から空港タクシーでパサイのファイブスターバスターミナル、アンへレス行きのバスを利用し、マニラ市内の大渋滞が原因でアンへレスまで6時間以上かかったことがあります。 マニラ国際空港から空港タクシーでクバオのバスターミナルまで行くよう依頼しましたが、マニラ市内の大渋滞が原因で断られ、パサイのバスターミナルへ行くことになりました。

この時はマニラ国際空港ターミナル1からパサイのファイブスターバスターミナルまで空港タクシーで抜け道を通っても1時間、パサイのファイブスターバスターミナルからクバオまでアンへレス行きのバスで3時間(計4時間)かかりました。 もし空港タクシーが大渋滞でもクバオのバスターミナルまで行ってくれていたら、タクシーは抜け道を通れるから、時間短縮ができていたと思われます。

マニラ国際空港各ターミナルからクバオのファイブスターバスターミナルまでは空港タクシーで渋滞がなければ30分強(250ペソ前後)で到着します。 マニラ市内が大渋滞の時はマニラ国際空港ターミナル4からクバオのファイブスターバスターミナルまで空港タクシーで1時間半強(600ペソ弱)かかったことがあります。 マニラ市内の渋滞はかなりひどい時があります。

参考:マニラ国際空港からアンへレスまでタクシーを利用

マニラ市内のバスターミナルからアンへレス行きのバスを利用

空港タクシーでマニラ市内のバスターミナルに到着すると、アンへレス行きのバスを探します。 バスの正面に行き先が書いてるから、すぐにわかりますが、念のためバスの運転手や車掌にアンへレスへ行くかどうかを確認した方が良いです。 バスによってはAngeles(アンへレス)ではなく、Dau(ダウ)またはMarquee Mall(マーキーモール)と表示していることがあります。

パサイでもクバオでもファイブスターバスを利用することが多かったです。 マニラからアンへレス行きのバスを参考にして下さい。

アンへレスのバスターミナルに到着すれば、トライシクルまたはジプニーでアンへレスのホテルへ移動します。 スーツケースを持っている場合はトライシクルを利用した方が良いでしょう。 アンへレスのバスターミナルのトライシクルはぼったくり料金を言ってくることがあるから、注意が必要です。

参考:アンへレスのバスターミナル

アンへレスからマニラ国際空港までの同じ方法での復路

アンへレスの各バスターミナルからマニラ市内までバスで行く時はパサイ行きまたはクバオ行きのバスに乗ります。 ダウバスターミナルでバスを待っているといろんなバス会社のバスがやってきます。 同じクバオまたはパサイ行きでもバス会社によってバスターミナルの場所が若干違います。

マニラ市内のバスターミナルからタクシーでマニラ国際空港へ向かう場合は行き先をあまり気にする必要はないかもしれませんが、空港バスを利用する場合はパサイ行きのバスに乗った方が良いです。 ただし、アンへレスからはパサイ行きのバスよりもクバオ行きのバスの方が多いです。 故障や事故の危険があるから、フィリピンの古いバスには乗らない方が良いでしょう。

参考:マニラ国際空港からマニラ市内への空港バス

マニラからアンへレス行きのバスで紹介した予約制のバスを利用し、アンへレスのホテルからマニラ市内へ行く方法もあります。 アンへレスは各都市からマニラへの中継地点で、アンへレス発マニラ行きのバスが少ないから、時期や時間帯によってはバスが満員で乗れないことがあるからです。

マニラ市内のバスターミナル周辺で待っているタクシーはぼったくり料金を言ってくる運転手がいるから、タクシーメーターを使うかどうかやチップがいくらほしいかをしっかりと確認した方が良いです。 故障や事故の危険があるから、フィリピンの古いタクシーにも乗らない方が良いでしょう。

※マニラ国際空港の正式名称はニノイ・アキノ国際空港(Ninoy Aquino International Airport)、略称はNAIA(ナイア)、空港コードはMNLです。








▲目次にもどる



Pocket

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です