【マニラ】MRT-3(電車)は故障が多すぎ

満員のマニラのMRT-3(電車)

満員のマニラのMRT-3(電車)

philstarによると、マニラのMRT-3(電車)は今年4/19までに116回もインシデントが発生した模様。







記事のunloading incidentsの正確な意味はわからないが、今年4/19までに116回もインシデントがあるとは故障が多すぎだ。1月は30回、2月は34回、3月は38回、4月(4/19まで4/13~16はメンテナンス休暇)は14回、2016年は586回もだった。

MRTとLRTの区別はできないが、フィリピンのニュースで電車の故障のニュースをよく見るなと思ったら、MRT-3だけでこんなにもインシデントがあるとは驚きだ。メンテナンス契約をしている韓国の会社との契約見直しを検討しているようだ。

電車の維持管理ができない国が電車の維持管理ができない国の会社と契約しても電車の維持管理なんてできるわけがない。せっかく大金を使ってつくった電車が毎日使えないなんて通勤や通学で利用している人はたまったもんじゃないだろう。

今ある電車の維持管理ができてないのにマニラに地下鉄を計画しているなんて不思議で仕方がない。しかもマニラは冠水が多いから、地下鉄の工事も運営も大変だろう。日本の援助じゃなかったら好きにすれば良いが、これがフィリピンの電車の現実だ。

フィリピンの旅行客でMRT-3を利用する人は少ないだろうが、MRT-3を利用する人は気をつけた方が良い。1日に平均1回前後のインシデントが発生している。4/13~16のホーリーウィーク(聖週間)はメンテナンス休暇だったのに、4/17,18にもインシデントが発生している。

ハインリッヒの法則で言えば1件の重大な事故の裏には29件の軽微な事故、300件のヒヤリ・ハットがあるらしいから、MRT-3でいつ重大な事故が起こっても不思議ではない。

マニラのMRT-3はケソンシティとパサイシティを結び、1日の輸送能力は50万人らしい。

サンキューポ






Pocket

【マニラ】MRT-3(電車)は故障が多すぎ」への2件のフィードバック

  1. oraken53

    最近アジア各国でインフラや高速鉄道の誘致合戦が多いですがいい加減中国や韓国について学んで欲しいですね。
    きゃつらは値段は安いですがクオリティは想像以上に低いという事を!
    これだけ過去にダメなデータがあるのにそちらに流れてしまうのは強烈なワイロにあるそうです。
    日本はそんな事をあまりしないので最後に負けてしまうらしいですがいい加減学んで欲しいモンですね…

    返信
    1. Seiji 投稿作成者

      oraken53さん
      ワイロと価格で中韓を選んで大失敗をしている国が多いですね。
      発展途上国では鉄道の維持管理は難しく、トラブルだらけです。
      今日もマニラのMRT-3とLRT-1が止まり、長蛇の列ができていたようです。

      返信

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です