パタヤのおすすめバーランキング2019とアンヘレスのバーとの比較

パタヤのウォーキングストリート

パタヤの安いホテルの広告があったから、ブログのネタのためにパタヤへ行ってきた。パタヤとアンヘレスのバーとの比較とパタヤのおすすめバーランキング2019について紹介する。

▼目次

  1. アンヘレスのバーのメリット
  2. アンヘレスのバーのデメリット
  3. パタヤのバーのメリット
  4. パタヤのバーのデメリット
  5. パタヤのおすすめバーランキング2019

アンヘレスのバーのメリット

  • BFやレディースドリンクが安い。バーによってはロングの料金ができてしまったようだが、BF3千ペソ前後とパタヤやバンコクに比べれば安い。
  • レディースドリンクのロングでも料金が安く、結構長く話すことができる。
  • 1つの通りにバーがあるから移動が楽。
  • 整形が少ない。厚化粧もタイより少ないから素朴な子と話すことができる。
  • タトゥーがタイよりは少ない。
  • 英語を話せる子が多い。フィリピン英語の発音は日本人にわかりやすい。
  • ガリガリはモテないが、ぽっちゃりやおっさんでも相手をしてくれる。
  • 昼から営業しているバーがある。
  • ジプニーで安く移動できる。
アンヘレスのウォーキングストリート

アンヘレスのウォーキングストリート

アンヘレスのバーのデメリット

  • お父さんを見せるバーはない。透けTシャツのバーがたまにあるが、透けTシャツのバーですらかわいい子が働かないことがわかっていないアホ経営者。
  • 背が低い子が多い。
  • 店内があまりきれいじゃないバーがある。
  • 食べ物がおいしくない。
  • ホテルのコスパがタイに比べるとかなり悪い。
  • スリに注意しないといけない。

パタヤのバーのメリット

  • ハッピーアワーの生ビール(55バーツから99バーツ)がお得なバーがあり、飲むだけなら安い。
  • お父さんを見せるバーがほとんど。お父さんを見せないといけないバーだとかわいい子が働かないことをわかっていないアホ経営者。
  • パタヤのホテルはアンヘレスのホテルの半額くらいとかなり安い。
  • 背が高い子が結構多い。170cmのかわいい子がいた。
  • 店内がきれいなバーが多い。
  • その辺の食堂でも安くておいしい。
  • 海があるからシーフードもおいしい。
  • 海があるからビーチでのんびりできる。
  • スワナプーム国際空港から直接バスとバン(280バーツ)でホテルに行けるのはかなり便利。

パタヤの人気バーPinup A GO GO

パタヤのバーのデメリット

  • BFやレディースドリンクが高い。バンコクとあんまり変わらないから、かわいい子はお客が多く稼げるナナプラザやテーメーカフェに転職か?バンコクでいためちゃくちゃかわいい子はいなかった。
  • レディースドリンクがシングルだからあっと言う間に話す時間が終了。
  • ウェイトレスじゃなくウェイターのバーが結構ありドン引き。バーはおばちゃんウェイトレスに限る。ウェイターのバーはアホだ。
  • 歓楽街が点々とあるから移動が大変。どこで遊ぶかによってホテル選びは重要だ。
  • 整形とタトゥーが多すぎて整形とタトゥーNGの人は選べない。整形でもかわいい子が良いなら航空券が安い韓国に行けば良いと思うが。
  • 英語を話せる子が少ない。話せてもタイ英語の発音は日本人にはわかりにくい。空港のスタッフの英語ですらわかりにくい。
  • お金持ちと若くて男前じゃないとあんまり相手をしてくれない。
  • 食べ物の屋台
  • 警察の取り締まりが厳しくなったせいか、営業時間(20時が多い?)が遅くなった?
  • ウォーキングストリートは客引きやロシア人バー客引きが多くうざい。

パタヤのおすすめバーランキング2019

パタヤのAngel A GO GOの大ジョッキ

ハッピーアワーの生ビールが安く、ドアガールがかわいいバーを中心に行ってきた。行ったバーでかわいい子が多い順番にランキングする。アンヘレスのコリアンバーのようにママさんの営業がうざいバーもあった。

他にも行ったような気がするが、チャンビアの生ビールのせいか酔っ払ってしまい、覚えていない。酔っ払ってクレジットカード他を落としてしまいショックだった。チャンビアはレッドホースと同じく悪酔いと頭痛を引き起こす。

8位:Shark

バンコクで有名だから入ってみたら女の子が少なかったが、かわいい子が結構いた。思ったより小さいバーで残念だった。大きいバーの方が選べる子がやっぱり多い。

7位:Crazy House

ドアガールはかわいかったが、中の子はそうでもなかった。中でプロレス?をしている子がいる。

6位:Tantra

ほぼ全員お父さんを見せていたような記憶がある。バカラみたいに整形が多くないのが好印象だった。店内が細長いのが残念だった。

5位:Angel A GO GO

ハッピーアワーの生ビールが大ジョッキでびっくりした。ママさんの営業がうざめだが、店内はかなりきれいでキャバクラみたいだった。この辺からはかわいい子の多さはそんなに変わらない。

4位:Herem Club

女の子が少ない割りにはかわいい子が多かったが、アンヘレスのコリアンバーのようにママさんの営業がうざいバーでゆっくり飲むのは難しいバーだった。

3位:Baccara

別のバーの子に聞いても一番はバカラと言っていたが、整形とタトゥーなしのかわいい子が一人しかいなかった。整形しててもかわいい子が良いならお薦めだと思う。人気店だから毎日通ったが、バンコクにいるようなびっくりするくらいのかわいさの子はいなかった。ウェイター(男)でドン引き。

お得な生ビールがあることを知らずにビールを頼んだら175バーツだった。隣に座った若い日本人が上も下も整形の背が低い子をBFしているのを目撃してかなり驚いた。

2位:Happy A GO GO

奥まったところにあり、場所が悪いが、女の子は多い。整形やタトゥーがバカラより少なく、整形していないかわいい子が結構いた。ステージが3個あるのはマイナスだが、1軍の子はかなりかわいい。ウェイター(男)でドン引き。

1位:Pinup A GO GO

女の子が多く、整形やタトゥーがバカラより少なく、整形していないかわいい子が結構いた。お父さんを見せている子が多い。お客が一番多く一番盛り上がっていた気がする。

たまたま座った後ろの韓国人の集団がベルを鳴らしまくり、お金をばらまくり大変なことになっていた。見せてもらった長い途中のレシートで3万バーツを超えてたから10万バーツくらい使ったかもしれない。レディースドリンクが余ったから周りのお客にも配り、レディースドリンクのテキーラを飲まされた。

去年に比べるとお客がかなり減っているらしくバーで積極的に話しかけてくる子が多かった。向かいで帰るお客にキスしてそのまま営業にきて結構しつこく営業するかわいい子がいて驚いた。営業にくる子はスレていることが多いから基本的に選ばない。昔行った時はそんな積極的に営業する子は少なかった気がする。

キスをしてくれてもLINEを教えてくれない子が一人いてやっぱりタイはおっさんにはつらいと実感した。フィリピンではそんなひどい扱いをされたことがなかったから、タイでの夜遊びはもう引退することにした。

パタヤのおすすめホテルT5スイ―ツ

ウォーキングストリートやソイ6までソンテウで気軽に行くことができるT5スイ―ツが1泊2千円前後で驚いた。フィリピンだったら1泊4千円以上は確実にしているだろう。パタヤの観光客が減り、ホテル料金が安くなっているようだ。

パタヤのウォーキングストリートのバーは高いからソイ6やソイLKメトロの方がお薦めかもしれない。ソイ7やソイ6で遊ぶならマーチホテルがおすすめだ。整形前にソイ6で働き、稼いで整形したらウォーキングストリートのバーで働いている子が多い気がする。ソイ6やソイLKメトロについてはまた後日ブログに掲載する。

アンヘレスの950コンドテルの部屋

アンヘレスの950コンドテルの部屋

アンヘレスだったらウォーキングストリートに近い950コンドテルセントラルパークホテルがおすすめだ。





サンキューポ

▲目次にもどる

Pocket

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です