フィリピンでのビジネスや工場の立地戦略

バコロドのサン・セバスティアン大聖堂

バコロドのサン・セバスティアン大聖堂

アンヘレス(フィリピン)で数年住み、友人フィリピーナやフィリピーノに聞いたことや旅行に行って感じたことを鑑み、フィリピンでのビジネスについて参考になる情報を紹介する。

▼目次

  1. フィリピンで工場を建てるならどこ?
  2. フィリピンで商売をするならどこ?
  3. フィリピンで商売をするならどうする?




フィリピンで工場を建てるならどこ?

許認可や物流などの問題を無視して、もし私がフィリピンに工場を建てるとしたら、次の場所だろう。

  • ラウニオン(ルソン島)
  • イロイロ(パナイ島)
  • ミンダナオ島東部

友人フィリピーナやフィリピーノに聞いたことや旅行に行って感じたことを鑑みると、この3つの場所の人たちは他の場所に比べ、勤勉で誠実な人が明らかに多い。採用や研修の仕事をしていたし、そのための勉強もしていたから、勤勉で誠実かどうかはすぐにわかる。

アンヘレスで道をたずねてもトライシクルのドライバーですら店やレストランがどこにあるのかがわからないから聞くだけ無駄なことが多い。ところが、今回行ったイロイロでは道を尋ねると的確に教えてくれるし、知らなったら他の人に聞いて教えてくれる。同じフィリピン人でも態度や姿勢、行動がまったく違うレベルだ。

フィリピンは地域によって民族が違い、言葉や習慣、性格、外見などが全然違う。ラウニオン(ルソン島)やイロイロ(パナイ島)、ミンダナオ島東部でレストランや店に入っても不快な思いをほとんどしなかった。

いろんな地域の友人フィリピーナやフィリピーノに嫌いな民族を聞くと次のとおりの結果だった。全員に聞いたわけではないし、同じ民族でも良い人も悪い人もいるから、あくまでも私が友人のフィリピン人に聞いた結果。お金に汚い、口だけ、働かない、態度が悪いなどが理由らしい。

  1. パンパンガ(アンヘレス周辺)
  2. ビサヤ(セブ島周辺)
  3. タガログ(マニラ周辺)
  4. ワライ(サマール島周辺)

バコロドはフィリピンでは住みやすい町との評判らしいが、トライシクルやタクシーを利用しようとするとアンヘレスのようにぼったくり価格を言っているドライバーが多く、物乞いも多いから、残念な印象だった。バコロド(ネグロス島)から近いイロイロ(パナイ島)とはまったく違う印象で、工場を建てたり、住んだりするなら断然イロイロが良いだろう。

ラウニオン(ルソン島)とイロイロ(パナイ島)ではフィリピンでは珍しく勤勉で誠実な人が多く、よく働く人が多かった。フィリピンのこの2つの町は今後間違いなく発展していくだろう。いろんな国や町に旅行へ行き、フィリピンや他の国では勤勉さと誠実さを身につけることが難しいことがよくわかった。

フィリピンで商売をするならどこ?

バコロドのSMモール

バコロドのSMモール

フィリピンで商売するならショッピングモールのSMモール周辺が良いだろう。フィリピンの地方都市ではガイサノというショッピングモールだけがあることが多い。その町がある程度発展すると、ロビンソンズというショッピングモールができる。ロビンソンズモールができるとガイサノモール周辺がさびれてしまい、ロビンソンモール周辺が発展していく。

バコロドのロビンソンズモール

バコロドのロビンソンズモール

その町がさらに発展すると、SMというショッピングモールができる。SMモールができると、ガイサノモール周辺がさらにさびれ、ロビンソンズモール周辺もさびれてしまう。バコロドやイロイロはまさにそんな感じで、特にバコロドのガイサノモール周辺はひどい状態で、つぶれた店が多かった。

ビサヤ地方だったらアヤラというショッピングモール周辺でも良いだろう。

フィリピンでは1本道路が違うだけでも治安が急激に悪化するから、商売では日本以上に立地が重要だ。

バコロドのガイサノモール

バコロドのガイサノモール

フィリピンで商売をするならどうする?

フィリピンで商売をしようと考えたこともあるが、お金を貸して返してと言っただけでまともそうだった人が逆ギレしたり、貸した人の悪口を言いまくったりすることが結構あり、あきらめた。フィリピンで商売をするとしたらほとんどのフィリピン人には任せられないし、外国人が労働ビザを取得することも大変だということがわかった。

フィリピンは学歴社会でコネ社会だからフィリピンで就職することは大変だから、個人で商売をしている人が多い。だから、競争相手が多く商売することは大変だが、商売人ですらアンヘレスでは愛想が良い人が珍しいから、フィリピンで商売をするならトライシクルを改造した移動屋台(食べ物)が良いかもしれない。

市場(パレンゲ)に出店すると出店料がかかり、日によってお客が増減してしまうから、出店料がかからないようにバイクで移動しながら商売するのが良いだろう。フィリピンでは学校や役所、病院、教会に人が集まるから、人が集まる時間帯や曜日を理解し、移動すればかなり儲かりそうだが、そういうことをしている人をアンヘレスではあまり見なかった。

地域のしがらみがあり、できないのかもしれないが、愛想が良くない汚い恰好のおっさんフィリピーノはそんな感じで商売をしていた。もっと愛想良く清潔にすれば儲かるのにといつも思っていた。

商売で努力している友人フィリピーナがフィリピン(アンヘレス)では努力している人が少ないから、商売で努力すれば就職するより稼ぐことができると言っていたが、まさにそのとおりだと思う。アンヘレスでは商売人ですら愛想が良い人が本当に少ない。

マニラやセブ島、ダバオ、アンヘレスなどの大きな町にはフィリピンのいろんな町から出稼ぎに来ている人が多い。地元の人でなく、できるだけ勤勉な地域の人を採用するのが良いだろう。

今日は3/9(さんきゅー)の日。サンキューポ








▲目次にもどる



Pocket

フィリピンでのビジネスや工場の立地戦略」への2件のフィードバック

  1. oraken53

    日本のような単一民族でも理解できない人はいっぱいいるのに、民族が違う宗教が違うとなれば争いが起きて当然ですな。
    確かに治安や人口を考えると日本以上に立地は重要ですが、日本式の接客やサービスをすればある程度のお客はつくと思います。
    問題は日本式をどうやって現地のピン人に伝えるかだと…

    返信
    1. Seiji 投稿作成者

      oraken53さん
      民族が違うと言葉や習慣、文化、性格まで違うから大変ですね。
      治安が悪いと日本みたいに遠出して辺鄙なところでも行くということはないです。
      人が少ない地域はいろんな意味で危険ですから。

      日本のファストフードレベルの接客でもフィリピンではかなり良い接客です。
      現地の人に教えて同じような接客サービスをさせるのは難しいでしょう。
      フィリピンのホテルの業者が仕事でホテルに来たら、待ち時間にお客用の席に座ってホテルのWiFiでネットを見たり、ホテルの新聞を読んだりすることはごく普通のことです。
      日本ではありえないですが。

      返信

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です