【残念】アンへレスでがっかりした9つのこと

アンへレスのウォーキングストリートのバーLancelot

アンへレスのウォーキングストリートのバーLancelot

久しぶりに行ったアンへレスでがっかりしたことが9つもあったが、それ以上にアンへレスの友人フィリピーナたちの優しさがうれしかった。

▼目次

  1. アンへレスのトライシクルドライバーに「次会ったら殺す。」と言われた
  2. アンへレスのFriendship Jeepney Terminalでスリにまた遭遇?
  3. アンへレスのウォーキングストリートのコリアンタウン化?
  4. アンへレスのバーのお客が減っている?

アンへレスのトライシクルドライバーに「次会ったら殺す。」と言われた

アンへレスのトライシクルドライバーに「2度とフィリピンに戻ってこれないようにしてやる。次会ったらお前を殺すからな。お前は他のコリアンと違って払わない。」と言われてしまった。海外では少しの油断やミスが命の危険にもつながるかもしれない。興味がある人は【危険】アンへレスのトライシクルに「次会ったら殺す」と言われた。を読んでください。

アンへレスのFriendship Jeepney Terminalでスリにまた遭遇?

アンへレスのジプニーターミナルでスリにまた遭遇してしまった。未遂だから確証はないが、スリで間違いないだろう。

フィリピンのジプニーターミナルでジプニーに乗る時はスリ対策で運転手の横か端の席に座るようにしている。アンへレスのバリバゴのFriendship Jeepney Terminalでジプニーの端の席に座っていた時に若いフィリピーノがその端の席を譲ってくれと言ってきたが、もちろん断った。足が悪い老人に端の席を譲ることはあるが、おかしな若い兄ちゃんだなと思って、その若いフィリピーノをずっと警戒していた。

私の隣に座りたそうにしていたが、他のお客が私の隣に座った途端に向かいに座っていた若いフィリピーノと一緒にジプニーを降りた。どうやら二人組のスリだったようだ。その二人組はジプニーで会話をまったくしていなかったから、まさか知り合いとは思わなかった。ジプニーの端の席に座っている人が他のジプニーへ移動することはないから、間違いなくスリだったんだろう。

アンへレスのバリバゴのFriendship Jeepney Terminalのジプニーには外国人狙いのスリが結構いるから気をつけた方が良い。お薬の取り締まりのせいで悪人は稼げなくなっているから、フィリピン全土でスリや泥棒が増えていることだろう。ぼったくりトライシクルやタクシーも増えているはずだ。

アンへレスのウォーキングストリートのコリアンタウン化?

アンへレスのウォーキングストリートはマッカーサーハイウェイの方から徐々にコリアンタウン化してきている。見苦しいから、Rhapsodyから入り口までのバーはなんとか耐えてほしいと思う。

コリアンタウン化してしまったEquusからマッカーサーハイウェイまでは地元の人と韓国人しか歩いていないようになった。この場所にあるバーやレストランの売り上げはかなり厳しくなっていることだろう。

アンへレスのバーのお客が減っている?

アンへレスのプリメタのスポーツバーDiamond

アンへレスのプリメタのスポーツバーDiamond

世界不況やお薬の取り締まりのせいなのか、アンへレスのバーのお客は残念ながら減っているようだ。フィリピン全土のアルコール夜間販売停止の話が消え、お客が減っているから、アンへレスのバーの営業開始時間がまた遅くなっているようだ。10時にオープンしていたBody Shopは営業開始時間を16時に変更したようだ。

アンへレスのバリバゴのバーBody Shop

アンへレスのバリバゴのバーBody Shop

オーナーも変わったかどうかは知らないが、バーの店名が変わっているバーが多かった。去年レイドにあった人気バーのFire Pit Barも店名が変わっていた。Fire Pit BarはPlatinum barに、スポーツバーはDiamond Sports Barに変わった。セキュリティにオーナーが変わったかどうかを聞くと、変わっていないと言っていたから、レイド対策なのかも。お客は相変わらず多かった。

アンへレスのプリメタのバーPlatinum

アンへレスのプリメタのバーPlatinum

つづく

サンキューポ

▲目次にもどる



Pocket

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です