【危険】4/29に武装勢力がフィリピンのルソン島北部の警察署を襲撃

イロイロの大きなSMモール

イロイロの大きなSMモール

INQUIRER netによると、4/29に新人民軍(NPA)とみられる50人の武装勢力がフィリピンのルソン島北部キリノ州マデラの警察署を襲撃し、警官1人を殺し、警察署長を含む3人を拉致した模様。






ルソン島北部キリノ州マデラの場所

同じく4/29に新人民軍(NPA)とみられる武装勢力がダバオの工場やバナナプランテーションを襲撃した事件があった。

フィリピンでは5/1のLabor Day(メーデー)前後は共産党系の武装勢力の襲撃に気をつけないといけないようだ。Wikipediaに新人民軍(NPA)はフィリピン共産党 (CPP) の軍事組織と書いている。

武装勢力の襲撃だけでなくLabor Day(メーデー)にはフィリピン各地で雇用条件改善のラリー(デモ)があるから、気をつけた方が良いだろう。フィリピンの物価は結構高い(海外からの輸入品が高い)のに、経営者の搾取がひどくて給料が安い。

アメリカ経済誌フォーブスの2017年世界長者番付ではフィリピンで有名なSMグループを率いる小売り王のヘンリー・シー氏が資産額127億米ドルで94位となり、フィリピン人では10年連続で首位だった。

SMクラークのスタッフの給料は販売員で日給350ペソ(約800円)前後、キャッシャーで日給400(約900円)ペソらしいから、SMの経営者は儲かって仕方がないだろう。おまけに販売員は6ヶ月契約が多く、簡単に雇用調整ができる。

フィリピンのデパートなどで働く場合は学歴だけでなく外見や身長の高さも採用条件に含まれるらしい。外見重視のフィリピンらしい。だから、フィリピンのサービス業ではフィリピン人の割りには背が高くかわいいフィリピーナが多い。

日本の宅配便会社が残業代の未払いで190億円も支払うらしいが、経営者が禁固刑にならない日本の法律もフィリピン並みにおかしい。

アンへレスからカバナトゥアンへ旅行に行こうとしたら、友人フィリピーナからルソン島内陸部にはテロリストがいるから危ないよと言われたのはおそらく新人民軍(NPA)のことだったんだろう。

サンキューポ









Pocket

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です