【セブ島】銀行ATMのスキミングの疑いでルーマニア人3人を逮捕

ABS-CBN Newsによると、セブ島セブシティで銀行ATMのスキミングに関与している疑いでルーマニア人3人が逮捕された。





ABS-CBN Newsによると、ATMのスキミングに関与している疑いのあるルーマニア人3人がセブシティのコンドミニアムでフィリピン国家捜査局(NBI)によって逮捕された。フォードのマスタングやマイクロチップ、カードリーダー、スキミング装置、ATMカード、ノートパソコン、携帯電話、パスポートが押収された。

コンドミニアムから欧州された青と黄色のチェック柄のポロシャツはLandBankのATMスキミング容疑者の1人が着用したものと一致しているが、フィリピン国家捜査局(NBI)は3人が市内の不正なATM取引に関与しているかどうかをまだ確認できていない。容疑者は国際シンジケートに関与している可能性があると関係者は述べた。

お金持ちが多いフィリピンの大都市のマニラやセブ島では外国人によるATMスキミング事件をニュースでたまに聞いていた。アンへレスでも数年前にバリバゴのATMにスキミング装置が設置され、国際的なスキミングのシンジケートが逮捕された。

フィリピンや海外ではATMのスキミング事件が結構あるから、ネットバンキングで預金高をすぐ確認できる銀行に口座をつくった方が良い。もしくはクレジットカードで海外キャッシングをするのが良いかもしれない。

参考:海外旅行や滞在に便利なクレジットカード

サンキューポ







Pocket

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です