フィリピンのセブ島で日本人が警官に撃ち殺される!

セブ島のアヤラモール

フィリピンのセブ島トレドで日本人が女性関係のトラブルが原因で警官に撃ち殺されたらしい。

撃ち殺した警官がすぐに自首したところをみると、彼女か元彼女を寝取られて嫉妬で発作的に殺してしまったのか?警官に撃ち殺された上に世界中にネットで顔をさらされるとは災難だ。恐るべしフィリピンだ。

フィリピンで家を買って住んでいるのに調子に乗ってパロパロをしていると、殺される可能性が高くなってしまう。トラブルがあったらすぐに逃げないといけないフィリピンだから、持ち家より賃貸が良い。近所にキチが引っ越してくることがよくあるフィリピンだから、いつでも引っ越せるように荷物も少なめにしておいた方が良い。

それにしてもフィリピンの警官とは思えないまじめな警官がいるもんだ。悪徳警官なら死体にお薬とお金をおいて、抵抗されたから殺したで今のフィリピンでは無罪放免なのに。麻薬撲滅戦争の超法規的殺人で2,3万人が殺されているが、麻薬関係ではない警官によるどさくさ紛れの殺人(ヒッ〇マンも)が横行しているから、フィリピンでは大問題になっている。

海外の射撃ツアーで銃を撃てばわかるが、素人が銃を撃っても狙ったところに当たらないから、フィリピンのヒッ〇マンは警官や軍人のお小遣い稼ぎが多いと言われている。

警察に捕まりにくいから、初めてヒッ〇マンをする人の方が料金が高いらしい。フィリピンでお金持ち(上級国民)を殺してしまうと刑務所へ入ったとしてもヒッ〇マンを派遣するそうだ。

フィリピン人にとってはプライドを傷つけらることはもっての他だから、人前でフィリピン人を怒ったり、けなしたりすることは論外だ。お金を貸してた人がお金を返せと怒ったために逆ギレされて殺された人がたくさんいることはフィリピンでは有名な話だ。

お金持ちに逆らっただけでヒッ〇マンを派遣されてしまうから、公務員がまじめに働くのすら大変なフィリピンだ。2016年にドゥテルテ大統領が就任し、フィリピンの治安はかなり改善されたが、まだまだ注意する必要がある。アジアの国のほとんどが人治国家だから、どの国もフィリピンと似たような治安だ。

追記

モトボサツさんのブログによると2018年に13歳の少女を監禁しイタズラしてNBIに逮捕された変態とのことだった。これでは撃ち殺されても仕方がない。

民泊ホテルAirbnb(エアビー)の合計8,088円クーポン(2019年8月)

http://angeles-smile.com/stay-life/hotel/good-coupon-by-airbnb

東南アジアなど海外旅行の必須アイテム11選

東南アジアなど海外旅行の必須アイテム11選

サンキューポ

Pocket

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です