フィリピンのレイテ島オルモックで震度6のまた大きな地震

セブ島のアヤラモール

セブ島のアヤラモール

ABS-CBN Newsによると、7/10の午前中にフィリピンのレイテ島オルモックで震度6(マグニチュード5.4)の地震があった模様。







7/8にレイテ島オルモックで震度7(マグニチュード6.5)の地震が発生し、多くの住宅が壊れ、レイテ島やサマール島などでは停電になっている。世界のマグニチュード4以上の地震がわかるSeismic Monitorではこの地震はマグニチュード5.4ではなく、マグニチュード5.9の地震だった。

今回の地震の震度

  • 震度6:レイテ島オルモック
  • 震度5:レイテ島カナンガ
  • 震度4:レイテ島タクロバン、セブ島マンダウエ
  • 震度3:ボホール島ジャニャ、セブ島セブ

7/8のマグニチュード6.5の地震後数百回の地震が起こり、どの地震が本震か余震かがわからないから、レイテ島周辺には当分近寄らない方が良いだろう。地震で1,2週間停電になる可能性があると言ってたが、また大きな地震があったから停電の修理にさらに時間がかかるかもしれない。長期間停電の地域は危険だから、絶対に行かない方が良い。

フィリピンのレイテ島オルモックの場所

そんな中、GMA NEWS ONLINEによると、レイテ島の震度7の地震後にフィリピンのロブレド副大統領が高層ビルの安全性(耐震性)を点検するよう求めた模様。

フィリピンの建設工事を見ればわかるが、そこそこのホテルやショッピングモール、コンドミニアムですら壁は細い鉄筋でブロックを積み上げただけだから、少し強い地震があればすぐに壁は倒壊し、死傷者が続出してしまうだろう。フィリピンでは死にたくなければ高い建物には可能な限り行かない方が良い。

サンキューポ









Pocket

フィリピンのレイテ島オルモックで震度6のまた大きな地震」への2件のフィードバック

  1. oraken53

    フィリピンやタイ、インドネシアあたりも地震が多いですね。
    地震大国日本では耐震基準が定められていますが、フィリピンや他のアジア諸国はどーなんでしょ⁉︎
    日本ほどの技術はないとしても震度5くらいには耐えられる建物を作らないとのちのち大変でしょうね。
    まぁそののちのちに気付いている人ばかりならもう少し国も発展していたと思いますが…

    返信
    1. Seiji 投稿作成者

      oraken53さん
      フィリピンや他の国に耐震基準があっても賄賂を渡して終わりでしょうね。
      中韓ですら地震がなくても倒壊している建物が多数あります。
      日本の震度5の地震が来たらフィリピンの半分以上の建物が壊れるでしょう。

      返信

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です