イギリス政府がスールー諸島やセブ島南部の旅行に警告

出典:GOV.UK Philippines

出典:GOV.UK Philippines

ABS-CBN Newsによると、イギリス政府がテロリストによる拉致計画のためスールー諸島やセブ島南部などへの旅行に警告した模様。






テロリストのアブサヤップがスールー諸島周辺で拉致を計画しているから、セブ島南部のダラゲテ(Dalaguete)やバディアン(Badian)への旅行にも警告をしたようだ。セブ島南部のオスロブ(Oslob)のジンベエザメを見に行く人は気をつけた方が良い。

GOV.UK Philippines

https://www.gov.uk/foreign-travel-advice/philippines

フィリピンのダラゲテ(Dalaguete)の場所

※バディアン(Badian)はダラゲテ(Dalaguete)の隣

先日パラワン島のプエルトプリンセサや世界遺産の地底河川国立公園周辺でテロ組織が外国人の拉致を計画しているとアメリカ大使館が警告したばかりだ。ミンダナオ島を中心にアブサヤップや新人民軍(NPA)などの襲撃や戦闘が最近頻発しているから要注意だ。

テロリストたちは世界中で情報交換を行い連動しているだろうから、世界中テロやゲリラだらけになってきた。残念な国の侵略や弾圧も増えているから世界は大変だ。

サンキューポ









Pocket

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です