【ミンダナオ島マラウィ】市民の死亡者2千人は虚偽報道か?

ダバオのショッピングモール

ダバオのショッピングモール

GMA NEWS ONLINEによると、5/23からフィリピンのミンダナオ島マラウィでテロリストとの戦闘が始まり、市民の死亡者は2千人にのぼるとの新聞報道に対し、ロレンザーナ国防大臣が虚偽報道を共有しないよう求めた模様。







マラウィでのテロリストとの戦闘での死者は現在市民39人、兵士89人、テロリスト379人、合計507人となっており、未確認の情報を共有することを避け、混乱の原因になる虚偽報道の拡散を阻止することを求めた。

  • テロリストとの戦闘が始まった時に数千人の住民が戦闘地域に取り残されている
  • 一部の住民はテロリストの人質にされ、人間の盾にされている
  • 戦闘地域から逃げることができた人が100体の死体を見た
  • 戦闘地域から逃げることができた人が治安部隊との戦闘を拒否した6人が殺されるのを見た
  • 戦闘地域から逃げることができた人が戦闘地域に食料がなく段ボールを食べている人を見た

などの情報を鑑みると、戦闘での市民の死亡者39人と発表しているフィリピン国軍(AFP)の方が虚偽報道だと思うが。ボホール島でのテロ情報などからもフィリピン国軍や警察などがその場しのぎのウソを平気で言うことはもうばれているのに。

マラウィでの戦闘での市民の死者は数百人との噂があったが、まさか2千人もの死者がいる可能性があることには驚いた。5/23にフィリピン国軍(AFP)が事前に周到な計画さえ立てテロ組織のアブサヤフ指導者のイスニロン・ハピロンの捕獲を実行していれば、市民の犠牲者がこんなに増えることはなかったのに本当に残念だ。

サンキューポ









Pocket

【ミンダナオ島マラウィ】市民の死亡者2千人は虚偽報道か?」への2件のフィードバック

  1. oraken53

    フィリピンでの戦闘で二千人規模の犠牲者が出ているそうですが、国の言い分と新聞やメディアの言い分がだいぶかけ離れてるみたいですね。
    現地の人達はいったいどちらを信用しているんでしょう。
    まぁ日本でもメディアや政府のニュースには信用できない人が増えてますからコレが良いことなのか悪いことなのかは今となってはわかりませんね…

    返信
    1. Seiji 投稿作成者

      oraken53さん
      犠牲者の数が全然違ってびっくりしますね。
      できるだけわかっている情報は周知徹底することが誠実だと思います。

      返信

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です