フィリピンの英雄パッキャオ選手敗戦で負傷兵や避難者がショック

ダバオのショッピングモール

ダバオのショッピングモール

philstarによると、7/2にオーストラリアで行われた防衛戦(WBO世界ウエルター級タイトルマッチ)でフィリピンの英雄パッキャオ選手が不可解判定で敗れ、負傷兵や避難者がショックを受けた模様。







5/23からフィリピンのミンダナオ島マラウィでテロリストのマウテグループとの戦闘が始まり、多数の死傷者がおり、マラウィ周辺の約39万人の住民が避難していると言われている。その負傷兵たちは病院で、避難者たちは避難所でパッキャオ選手の試合を観戦した。

フィリピンではフィリピンの英雄パッキャオ選手の試合がある時間は外を歩いている人がいなくて静かになるくらい大人気だ。フィリピンではバスケットボールとボクシングが人気スポーツだ。不可解な判定でパッキャオ選手は敗れたが、パッキャオ選手は潔く負けを認め、対戦選手の勝利を祝福した。

パッキャオ選手はフィリピンの上院議員選挙前にボクサーを引退したが、復活し、上院議員をしながらボクサー生活を続けている。あるパッキャオ選手のファンはパッキャオ選手は明らかに老化したから、ボクサーを引退し、上院議員に専念するべきだと語った。

マラウィでは1ヶ月以上テロリストとの戦闘が続き、他のテロ組織や反政府武装勢力がフィリピン各地の警察署や学校などを攻撃する事件が発生し、フィリピンは混乱状態だから、忙しい上院議員とボクサーの兼業は難しいだろう。

昨年脱税疑惑でパッキャオ選手が訴えられていたような気がしたが、どうなったのだろうか?脱税や選挙資金のためにパッキャオ選手が復活したとも言われている。何か事件があっても結末がわからないことが多いフィリピンだ。

サンキューポ









Pocket

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です