【マニラ】アメリカ大使館がRWMの大惨事を受け注意喚起

Newport Cityのリゾート・ワールド・マニラ

Newport Cityのリゾート・ワールド・マニラ

GMA NEWS ONLINEによると、6/2にマニラ首都圏のパサイのリゾートワールドマニラ(RWM)で起こった大惨事を受け、アメリカやイギリス、オーストラリア大使館がフィリピン旅行や滞在に注意喚起を行った模様。

このリゾートワールドマニラの大惨事で37人(容疑者含む)が死亡し、54人が負傷した。22人のお客と13人の従業員合計35人が煙で窒息死したようだ。リゾートワールドマニラ内の警備員は銃を持っていないため武装した犯人を排除できなったそうだ。

マニラ(ニノイ・アキノ)国際空港はこの大惨事を受け、セキュリティレベルをを最高まで引き上げたようだ。入国管理官の不足で長蛇の列ができているマニラ国際空港の長蛇の列がさらに長くなるだろう。マニラ国際空港を利用する人は早めに出発した方が良い。

また、ミンダナオ島マラウィでは2千人以上の住民が戦闘地域から逃げられず取り残され、テロリストたちが人間の盾として子供と女性などを利用している。誤爆によって兵士10人が死亡したために空爆を停止したり、制限したりする可能性があるようだ。空爆を止めればさらにテロリストとの戦闘が長引くだけだから、誤爆が起こらないように地上部隊と調整すれば良いだけだが、フィリピンだけに難しいのか?

ブログにマラウィから近いオサミスの様子をコメントしていただいた方がいるから、掲載する。マラウィ周辺に住んでいる人も大変な目にあっているし、テロや残忍な事件で観光立国フィリピンの外国人観光客が減ればフィリピン経済はかなり悪化するから、テロリストとの戦闘が1日も早く終わることを祈るばかりだ。

昨日、帰省中の彼女にオサミスの様子を聞きました。市場は閉店し漁師も漁に出られないので魚も無いようです。サリサリの商品は値上がりしています。オサミスのATMもお金が入ってないようです。買い物、出金はバスで45分のオロキエタか2時間のディポログまで行かなくてはならないようです。

噂ではマウテグループはオサミスにも潜伏しているようです。治安は悪化して夜は誰も外に出ないようです。沢山の方が避難していますが親戚が遠くの島に居てもフィリピン家族は多いので受け入れてくれない場合が有るようです。早く平和が戻るのを祈ります。

世界の町へ:【ミンダナオ島マラウィ】17万人以上の避難者と120人以上の死者のコメント欄

http://blog.livedoor.jp/etravel/archives/50141905.html

ミンダナオ島オサミスの場所

ブログでは旅行先の楽しい観光情報やおいしいグルメ情報だけでなく、危険な情報も簡単にすぐに情報交換・共有できるのが良い。フィリピンの役に立つ情報があればコメント欄に役に立つ関連情報の記載をお願いします。

サンキューポ

Pocket

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です