マニラ国際空港での爆弾ジョークでまた逮捕

出典:ABS-CBN News

出典:ABS-CBN News

ABS-CBN Newsによると、3/23にマニラ(ニノイ・アキノ)国際空港で荷物運びのスタッフが爆弾を爆発させるという爆弾ジョークでまた逮捕された。




フィリピンでは毎年数回同じような爆弾ジョークで逮捕者が出ている。冗談を言うフィリピン人は多いが、言ってはいけない爆弾ジョークで年に数回も逮捕者が出ているのに、なんでまた言ってしまうのか。仕事で怒られたり、責められたりするとすぐに言い訳をするフィリピン人が多く、その延長で爆弾ジョークを言ってしまうのかもしれない。

アンへレスのマーケットで友人フィリピーナと話している時にフィリピーノ同士でケンカを始めた。後でケンカの理由を聞くと、お前のせいでお母さんが死んだと言ったらしい。余計なことを人前で言わなくて良いのに。プライドが高いフィリピン人が多いから、フィリピンでは人前でプライドを傷つけるようなことを言ってはいけない。

その時にナイフや銃を持っていれば殺されてしまうこともあるだろう。護身用にナイフや銃を持っているフィリピーノをたまに見かけた。

サンキューポ







Pocket

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です