フィリピン航空が世界の航空会社トップ100の67位

マニラ国際空港のANAの飛行機

マニラ国際空港のANA

GMA NEWS ONLINEによると、フィリピン航空がSkytraxの調査で世界の航空会社トップ100の67位に選ばれた模様。







2016年8月から2017年5月まで調査が実施され、世界中の乗客が投票し、6/20のパリ航空ショーで発表された。残念な対応で評判が悪いアシアナ航空が20位、ジェットスター航空44位に選ばれているから、この調査は適当でいいかげんなのかもしれない。96位のピーチの方がよっぽどマシだと思う。組織票を投票できる調査はあてにならない。

1位カタール航空(2016年2位)

2位シンガポール航空(2016年3位)

3位全日本空輸(ANA)(2016年5位)

4位エミレーツ航空(2016年1位)

5位キャセイパシフック(2016年4位)

11位タイ航空(2016年13位)

16位日本航空(JAL)(2016年21位)

20位アシアナ航空(2016年16位)

44位ジェットスター航空(2016年46位)

67位フィリピン航空(2016年83位)

96位ピーチ(2016年78位)

Skytrax World Airline Awards:The World’s Top 100 Airlines 2017

http://www.worldairlineawards.com/Awards/world_airline_rating.html

フィリピン航空も評判が良くないから、1度も利用したことがない。コスパで言えばフィリピンのLCCの中ではセブパシフィクはかなりがんばっていると思うが、トップ100にはランクインしていない。ジェットスターに乗るくらいだったら、セブパシフィクやエアアジアの方がよっぽどマシだ。

ジェットスターは昨年マニラ国際空港の免税店で購入した香水などの液体物を機内持ち込みで没収したり、マニラ名古屋便を欠航し、5日間足止めにしたりしたとんでもない航空会社。日本のジェットスターのスタッフの態度もかなり悪い。

サンキューポ









Pocket

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です