リゾートワールドマニラ発砲放火事件の死亡賠償金は百万ペソ

Newport Cityのリゾート・ワールド・マニラ

Newport Cityのリゾート・ワールド・マニラ

philstarによると、6/2のリゾートワールドマニラ発砲放火事件で亡くなった37人の賠償金は100万ペソだった模様。







リゾートワールドマニラを所有する会長が発砲放火事件の死傷者に対し十分に補償したり、援助したりすると約束したのに、死亡賠償金はたった100万ペソだった。入院した35人には50万ペソを支払った。

死者の37人中31人の遺族が賠償金を受け取り、残りの6人とは話し合っているようだ。死者の中には外国人やフィリピンのお金持ちがいただろうから、たった100万ペソの賠償金で納得するわけがない。

フィリピンのバス事故の死亡賠償金は数万ペソと安く、それよりはマシだが、リゾートワールドマニラのずさんな警備体制が映った防犯カメラの映像を公開してしまったから、遺族が納得するわけがない。

ライフルとガソリンを持った犯人があっさりと建物に侵入し、カジノ内の警備員は銃を携帯していなかったから、警備員のほぼ全員が犯人から逃走している映像を公開してしまっている。リゾートワールドマニラのスタッフは逃げるだけで避難誘導なんてまったくしていなかっただろうから大変だ。先進国で同じような事件が起これば賠償金が一体いくらになっただろうか?

6/2の事件なのに未だにカジノのチップを換金してもらえてないようだし、さすがフィリピンのカジノだ。フィリピンなどの発展途上国へ行く時は補償してもらえるかなんてわからないから、海外旅行保険には必ず加入した方が良い。保険が聞かないからケガや病気になった時の治療費が大変だ。

サンキューポ









Pocket

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です