島国なのに泳げないフィリピーナが意外に多い!

パンガシナンダグパンのトンダリガンビーチ

パンガシナンダグパンのトンダリガンビーチ

INQUIRER netによると、先週末にパンガシナンのビーチで2人のフィリピン人観光客が溺死した模様。

パンガシナンのサン・ファビアンビーチでヌエヴァ・エシハ州アリアガに住む28歳の建設作業員のフィリピーノが酔っ払って海に入り溺死したようだ。

また、パンガシナンのCabongaoanビーチでタルラック州カパスに住む18歳のフィリピン人が速い潮に流され溺死したようだ。Cabongaoanビーチは外海だから、潮の流れは速いだろう。

日本と同じく島国のフィリピンだけにほとんどのフィリピン人が泳ぐことができると思っていたが、フィリピンの公立の学校にはプールなんてなく、水泳を教えないから、アンへレスに住む庶民の多くが泳ぐことができない。溺死した2人は近くに海がない町の出身だ。

住んでいる近くに海や湖、池、川がないフィリピン人の庶民は泳ぐことができない人が多いから、海で溺死している人が結構多い。フィリピンの庶民は簡単に旅行へ行くことができないどころか、年に数回しかプールにも行くことができないことが多い。

だから、フィリピンのリゾートへフィリピーナと一緒に旅行へ行く時は泳ぐことができるかどうかを確認した方が良い。ホテルのプールは安全だが、泳ぐことができない人にとっては外海のビーチはかなり危ない。無駄にプライドが高いフィリピーナは泳ぐことができると言うかもしれないが、出身地を行けば泳ぐことができるかどうかがわかる。

特に雨季の外海のビーチは波は高いし、潮の流れは速くて泳ぎが下手な人にはかなり危ない。山間部に住んでたフィリピン人だったら、海の怖さを知らないだろうから、気をつけないといけない。もし泳げないんだったら、ホテルのプールや比較的穏やかな内海(湾内)のビーチへ行くのが良いだろう。

スービックバリオバレトのバロイビーチのコテージ

スービックバリオバレトのバロイビーチのコテージ

アンへレスに近いスービックのバロイビーチはそんなにきれいではないが、内海(湾内)のビーチで波が高くないから、泳げない人や子供にとっても比較的安全だった。

フィリピンのプールは汚いことが多く、高級ホテルのプール以外では泳ぐ気にならないことが多い。フィリピンのプールに水中メガネを持って行かないと眼が大変なことになってしまう。

サンキューポ

Pocket

島国なのに泳げないフィリピーナが意外に多い!」への2件のフィードバック

  1. 大阪人

    おっしゃるとおり、意外と泳げない人が多いですね。
    日本は小学校にプールがあるから、親にどこにも連れてってもらえない子は、みんな学校のプールに集合していました。

    返信
    1. Seiji 投稿作成者

      大阪人さん
      泳げないフィリピーナが結構いることに驚きますね。
      日本のプールはフィリピンのプールに比べて衛生的なことも良いです。
      フィリピンのプールは汚くて入る気がしないことが多いです。

      返信

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です