85%のフィリピン人にとって宗教は重要

バコロドのサン・セバスティアン大聖堂

バコロドのサン・セバスティアン大聖堂

ABS-CBN Newsによると、Social Weather Stationsの調査で85%のフィリピン人が宗教が重要と答えた模様。




宗教はとても重要と答えた人は78%、どちらかといえば重要と答えた人が7%だった。宗教は重要だと答えた人の割合は、イグレシア・ニ・クリスト(INC)96%、カトリック教徒やその他のキリスト教徒が共に85%、イスラム教徒71%の順で高い。

毎週religious services(礼拝?)に参加している人の割合は48%で、イグレシア・ニ・クリスト90%、イスラム教徒81%、その他のキリスト教徒71%、カトリック教徒41%の順で高い。

フィリピンでは国民の83%がカトリックで、その他のキリスト教が10%、イスラム教は5%(ミンダナオではイスラム教徒が人口の2割以上)らしい。

出典:外務省フィリピン共和国(Republic of the Philippines)基礎データ

http://www.mofa.go.jp/mofaj/area/philippines/data.html

このSWSの調査では特にイグレシア・ニ・クリストが信心深いことがわかる。イグレシア・ニ・クリストのアンへレスのアパートスタッフはフィリピン人とは思えないくらいまじめでよく働くフィリピーノだった。

アパートのスタッフは毎週金曜日と日曜日に必ず教会に礼拝に行っていた。他のイグレシア・ニ・クリストもまじめ人が多かった。どこかのブログにフィリピンで採用するならイグレシア・ニ・クリストと書いてあったことも納得できる。

フィリピンの各都市の一等地には必ず大きなイグレシア教会があり、収入の10%か20%(どちらか忘れた)を寄付しないといけないとの噂を聞き、最初は印象が悪かったが、イグレシア・ニ・クリストはまじめで質素な生活をしている人が多く、アンへレスに多いパンパンガやビサヤの一般的な人とは対照的でかなり印象が良い。

日本人に同じ調査をしたら、宗教は重要と答える人が15%前後かもしれない。

サンキューポ







Pocket

85%のフィリピン人にとって宗教は重要」への2件のフィードバック

  1. oraken53

    宗教が人を幸せに、真面目にするのなら何も言うことはないですが戦争の根源はほぼ宗教絡みなのであまり大切とは思わないですね。
    確かに日本人なら10%くらいでしょうね。
    日本人は宗教とは感じていませんが生活の根底に神道があるのでしょう。
    大切なのは他の宗教でも神でも寛容の心を持つ事ではないかと思います。

    返信
    1. Seiji 投稿作成者

      oraken53さん
      日本人は無宗教の人でも宗教の良い教えを守ってまじめに生きている人が多いですね。
      自分も他人もOKという考え方を習得していないと、何かにつけ他人を攻撃してしまいます。
      日本は今ピンチですが、世界が平和になれば良いですね。

      返信

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です