フィリピン人ハーフのプロゴルファージェイソン・デイ選手がマスターズに出場

フィリピン人ハーフの世界ランキング3位のプロゴルファージェイソン・デイ(Jason Day)選手がゴルフのメジャー選手権マスターズ2017に出場し、活躍した。

▼目次

  1. ジェイソン・デイ(Jason Day)選手のマスターズ2017の結果
  2. 松山選手のマスターズ2017の結果結果




ジェイソン・デイ(Jason Day)選手のマスターズ2017の結果

  • マスターズ2017第1ラウンド:26位タイ(+2)
  • マスターズ2017第2ラウンド:45位タイ(+6)
  • マスターズ2017第3ラウンド:27位(+3)
  • マスターズ2017第4ラウンド:22位タイ(+2)

ジェイソン・デイ(Jason Day)選手はお母さんを思い、3月にデル・マッチプレー選手権を棄権したが、マスターズには出場でき、4日間無事にプレイした。心配事を抱えながらメンタルのスポーツを言われるゴルフをプレイすることは大変だろう。ゴルフのトッププロはメンタルコーチを雇っている人が多いらしい。

ジェイソン・デイ(Jason Day)選手はぎりぎり予選を通過したが、第3ラウンドと第4ラウンドは好スコア。さすが世界ランキング3位(世界ランク最高位1位)だ。最終日は世界ランキング4位の松山選手と一緒にプレイするのかと思ったが、1組違いだった。

ジェイソン・デイ(Jason Day)選手の2017年賞金ランキングは今のところ79位(マスターズ前)と出遅れているが、復活し、活躍してほしい。

松山選手のマスターズ2017の結果結果

  • マスターズ2017第1ラウンド:54位タイ(+4)
  • マスターズ2017第2ラウンド:16位タイ(+2)
  • マスターズ2017第3ラウンド:28位タイ(+4)
  • マスターズ2017第4ラウンド:11位タイ(-1)

世界ランキング4位の松山選手の2017年賞金ランキングは今のところ2位(マスターズ前)と好調だが、マスターズは残念だった。2日目と最終日の好スコアはさすが。賞金王と世界ランキング1位を目指して活躍してほしい。

池田選手は54位タイでぎりぎり予選落ちになり残念だった。日本人選手は3人しか出場できず2人が予選落ちし、残念なマスターズ2017だった。マスターズ2016は松山選手だけ出場し、7位タイの結果だった。

サンキューポ




▲目次にもどる



Pocket

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です