【マニラ】マカティのフィリピン料理を融合した日本料理

アンへレスのSiam Houseのポークアドボ

アンへレスのSiam Houseのポークアドボ

ABS-CBN Newsでマニラ首都圏のマカティのフィリピン料理を融合した日本料理レストラン「十浪人」の料理を紹介していた。







アドボ巻き(adobo flakes maki)やシシグ海苔タコス(sisig crispy nori taco)、アドボ醤油ラーメンはおいしそうだが、フィリピン料理と日本料理の味付けはかなり違うから、わざわざフィリピン料理と日本料理を融合せず別々に作った方がおいしい気がする。

フィリピン料理の中でかなりおいしいシシグやアドボは白ごはんに合っておいしい。日本のおいしい肉でアドボを作るとさらにおいしくなる。

シニガンキムチラーメン(sinigang kimchi ramen)は日本料理との融合ではないし。アンへレスのコリアンレストランにたくさんのフィリピン人のお客がいるところをみると、日本料理より甘辛い韓国料理の方が好きなフィリピン人が多そうだ。

日本人にとってはイマイチでもフィリピン人にとっては純粋な日本料理よりこっちのフィリピン料理を融合した日本料理の方がおいしく感じるだろう。フィリピン人が本当の日本料理を食べたら、味付けが薄いという時点でおいしく感じないだろうし、しょうゆをどばっとかければ単なるしょうゆ味の料理になってしまう。

料理以前にレストラン内の日本人形が怖くてゆっくり食事をすることが難しそうだ。

サンキューポ









Pocket

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です