タイのおいしいラーメン(クワイティアオ)の食べ方

タイのおいしいラーメンクワイティアオエンタフォー

タイのおいしいラーメンクワイティアオエンタフォー

タイの食堂や屋台のラーメン(クワイティアオ)屋では麺やスープなどを選び、いろんな種類のラーメンを食べることができる。







タイのおいしいラーメンクワイティアオトムヤム

タイのおいしいラーメンクワイティアオトムヤム

チェンマイの屋台だったら、クワイティアオ(タイラーメン)を40バーツ前後で食べることができる。地元のお客が多いラーメン屋はかなりおいしい。麺やスープの種類を選び、いろんな種類のラーメンを食べることができることがタイラーメン(クワイティアオ)の魅力だ。麺やスープだけでなく具を変えると数十種類のラーメンを食べることができる。マナー違反だが、お客が食べているラーメンを見て、おいしそうなラーメンを選ぶことが確実だろう。

タイラーメンの麺の種類

  • バミー(黄色の麺)
  • センミー(ビーフン)
  • センレック(米の細麺)
  • センヤイ(米の太麺)

タイラーメンのスープの種類

  • スープなし
  • さっぱりスープ
  • トムヤム:酸っぱくて辛いスープ
  • エンタフォー:紅腐乳の酸っぱくてコクがあるピンク色のスープ

タイラーメンの調味料の種類

  • 唐辛子
  • 砂糖
  • ナンプラー(タイの魚醤)
  • 唐辛子入り酢
  • ピーナッツ
  • こしょう

個人的に好きなタイラーメンは麺はセンレック、スープはトムヤムで、具は豚肉、野菜多めだ。麺やスープの種類は他にもいろいろあるようだが、パクチーやナンプラーの味が嫌いな人はタイラーメンだけでなく、タイ料理はつらいかもしれない。

汁なしラーメンもおいしそうだったが、暑いタイで熱いさっぱりとしたタイラーメンを食べるのがおいしかった。ノーマルのさっぱりとしたスープに調味料を入れ、自分好みの味にするのもおいしいが、スープにトムヤムやエンタフォーを入れてもらうとまた違った味になりおいしい。ピンク色のタイラーメンエンタフォーは色が変だが、味はおいしい。

タイのラーメンクワイティアオエンタフォー

タイのラーメンクワイティアオエンタフォー

豚の内臓や血が入ったラーメンは苦手だし、魚やフィッシュボールより豚のひき肉が入ったラーメンがおいしかった。クワイティアオエンタフォーをノーマルで頼んでしまうと謎の具入りになるためスープがおいしくても写真のように残念なラーメンになってしまうから要注意だ。

チェンマイ名物のおいしいカレーラーメンカオソーイ

チェンマイ名物のおいしいカレーラーメンカオソーイ

チェンマイ名物のカレーラーメンカオソーイもおいしいが、麺がバミーと揚げバミーでおいしくない。カオソーイのスープをごはんにかけて食べるとおいしい。付け合わせの高菜もおいしい。

サンキューポ















Pocket

タイのおいしいラーメン(クワイティアオ)の食べ方」への2件のフィードバック

  1. oraken53

    ラーメンも色々カスタムできるところが飽きがこなくて良いですね。
    ただ見た目的にピンク色のラーメンはどうやっても美味しそうに見えないですね…
    カレーラーメンは何処に行ってもハズレなしと思ってましたがどーやら例外もありそうですな。

    返信
    1. Seiji 投稿作成者

      oraken53さん
      1つのお店でいろんな味や麺のラーメンが食べることができることは良いですね。
      追加料金は特にいらないようです。
      ピンク色のスープは酸っぱくてコクがでておすすめです。
      黄色の麺バミーはおいしくないことがたまにあるから、米の麺がおすすめです。
      カレーラーメンのスープはどこで食べてもおいしいです。

      返信

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です