フィリピンのプラスチックの偽米は単なる偽ニュース

アンへレスのJollibeeのフライドチキン

アンへレスのJollibeeのフライドチキン

ABS-CBN Newsによると、2015年に見つかったフィリピンのプラスチックの偽米は単なる偽ニュースだった模様。







6種類のサンプルを調べたら全部本当のお米だったようだ。プラスチックの偽米は偽ニュースということは誰かがいたずらでプラスチックを米に交ぜたのだろう。米の小売業者が言うとおりプラスチックの偽米を混入した方が明らかにお金がかかる。フィリピンでは1kg40ペソ(約90円)前後でお米が売っているから、おかしなニュースを流しているなと前から思っていた。

フィリピンではFacebookが大人気でなぜか1人当たり何個もアカウントを持っている。そのFacebookでいたずらやウソのニュースがすぐに拡散されている。友人フィリピーナがいろんな殺人事件の写真をFacebookで見せてくれて気持ち悪い思いをしたことも何度かある。

フィリピン人の中には本当にやってはいけないことと冗談の区別ができない人がいて、ショッピングセンターや空港などで爆弾を持っているというジョークを言ってしまい、年に数人逮捕されている。

フィリピンでは学校で栄養や健康管理について教えていないからか、フィリピーナでも日本人の数倍のごはんを少しのおかずで食べるから、糖尿病の人が多い。そんな大切なごはんにプラスチックなんて混入されたら、暴動が起こるかもしれない。

日本のマクドナルドやKFCではごはんが売っていないのに、フィリピンではごはんとチキンのセットが1番人気になるくらいフィリピン人は白ごはんが大好きだ。日本のファストフードでもごはんをおいてくれれば良いのに。

サンキューポ









Pocket

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です