アンへレスのある韓国料理レストランの悲劇2

アンへレスの韓国料理サムギョプサル

アンへレスの韓国料理サムギョプサル

アンへレスで実際にあったある韓国料理レストランの悲劇。 安全第一のフィリピンでの商売はいろいろと難しい。

▼目次

  1. アンへレスのある韓国料理レストランの悲劇
  2. 韓国料理レストランの悲劇はさらに続く
  3. フィリピンでは安全第一




アンへレスのある韓国料理レストランの悲劇

アンへレス(フィリピン)ではよく働くスタッフはかなり貴重なのに、その韓国料理レストランのスタッフにはなぜかよく働く上にかわいいスタッフが多かった。アンへレス(フィリピン)ではよく働くかわいいレストランのスタッフをほとんど見かけることはない。 そんなスタッフが全員辞めてしまったなんてレストランにとっては大損害。

満員のレストランではお客の注文に対応できずスタッフは大パニック。 フィリピンのレストランでは待つことが当たり前でも店に入って料理が出てくるのに1時間前後かかるのはひどい。 間違って後から来たお客に料理を持って行き、さらにパニックになっていた。

フィリピンの経験がない新人スタッフが満員のレストランで働くことはかなり難しいだろう。 大学の時にホテルでアルバイトをしたことがあるが、100人前後の結婚パーティーでの配膳に慣れるのにはかなり時間がかかったから、パニック状態やつらさはよくわかる。 他の人は研修を受けるのに何の研修もなしにいきなり働くことになったことも原因だが。

フィリピンの満員のレストランへ行くとお客の注文に対応できずパニックになっているところに遭遇することがあるから、自分の料理くらい取りに行こうか、手伝ってあげようかと思うことがある。 フィリピンのレストランでスプーンやフォークがない時はスタッフに頼まず自分で取りに行くことが多かった。

韓国料理レストランの悲劇はさらに続く

バクラのスタッフによく働くかわいいスタッフが辞めてしまった理由を聞くと、レストランのマネージャーが変わったかららしい。 確かに怖そうな韓国人マネージャーが店内やスタッフを常にチェックしている。

前回来た時まではこのバクラのスタッフも生き生きとこのレストランで働いていたが、今はビクビク働いていることが手に取るようにわかる。 フィリピンだけでなく世界中どこでも萎縮したスタッフがバリバリ働き、結果を残すなんて無理なのに。 会社で人事や研修の仕事をしていたからよくわかる。 パワハラ上司が良い業績をずっとキープすることなんてほぼ無理だ。

その韓国料理レストランで食べ終わった時にはかなり時間が経っていた。 チップをあげると、さっとチップを隠した。 怖いマネージャーにチップを見つかるとチップを没収されてしまうかららしい。

この韓国料理レストランへ後日行ってみると、またスタッフが辞めたらしく見たことがあるスタッフが減っていた。 なじみのバクラのスタッフがすぐに注文に来てくれた。 持ってきてくれた料理を見ると、料理の量や小皿料理の量が少し減っている。 チップはレシートに隠してあげた。

またこの韓国料理レストランへ後日行ってみると、料理の量や小皿料理の量がさらに少し減っている。 フィリピンではインフレや時期によって食材の値段が高騰するから仕方がないことかもしれない。 フィリピンで大人気のジョリビーのフライドチキンですらどんどん小さくなっているような気がする。

しかも料理の味付けが明らかに変わっている。 辛い味付けだったのに、甘い味付けが好きなパンパンガのアンへレスの地元の人に合わせ、あまり辛くなく甘い味付けに変えたのだろうか。

たまたま違う料理人に当たり、味が違ったのかもしれないから、また行ってみると、やっぱり味付けが変わっていた。 スタッフだけでなく料理人も辞めてしまったのかもしれない。 他の人気がある韓国料理レストランも同じくあまり辛くなく甘い味付けでおいしくないから行かない。

この韓国料理レストランではよく働くかわいいスタッフが辞め、料理の量が減り、味付けまで変わってしまった。 商売でも個人でも悪循環を止めることは自力では難しい。 いつも満員だった韓国料理レストランなのに、明らかにお客が減っていた。 スタッフが注文をすぐに聞きに来てくれるのは良いが、この韓国料理レストランへ行くのは止めた。

フィリピンでは安全第一

フィリピンで貴重なよく働くかわいいスタッフはどこでも働くことができるからまったく問題はないが、よく働けないスタッフをこんな感じでどんどん退職させていたら恨みをかなり買ってしまうだろう。 フィリピンではよく働けないスタッフが働く能力が低いのは自分の責任だと理解できる人はそんなに多くないだろうから。 お金を貸して返さないと怒ったら逆恨みをされることが多いフィリピン。

外務省海外安全ホームページ:フィリピンに書いてあるとおりフィリピンではどんな場面でも暴力的な言動をとらず、トラブルを起こさないことが鉄則だ。 フィリピンでは偉そうにしたり、派手な生活をしたりしている外国人はすぐに目をつけられる

フィリピンではトラブルは厳禁で、外務省海外安全ホームページ:フィリピンをよく読んで安全第一を心掛けよう。 安全第一で普通に生活していたらアンへレスでは何のトラブルもなかった。 フィリピンのジプニーでスリに5回以上遭遇したことがあるが、セキュリティーポーチを常に使っていたから、被害はおそらく盗まれたことがわからないくらいの数百ペソくらいだ。

参考:フィリピンでの注意点と緊急連絡先、電話のかけ方

参考:海外滞在時の安心・便利アイテム

参考:アンへレスのある韓国料理レストランの悲劇

サンキューポ








▲目次にもどる



Pocket

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です