【注意?】4/19に大きな小惑星が地球に最接近

INQUIRER netによると、4/19に大きな小惑星が地球に最接近する模様。




大きな小惑星は地球と衝突する可能性はないが、地球から約180万kmの距離のところを通過するようだ。小惑星は2014-JO25と呼ばれ、直径約650メートルでジブラルタルの岩(一枚岩の石灰岩)よりも大きい。

4/19以降望遠鏡で小惑星2014-JO25を観測できるようだ。大きな小惑星が地球に接近するのは2004年の小惑星トータティス以来13年ぶりで、次に大きな小惑星1999 AN10が地球に接近するのは2027年8月7日で10年後らしい。

隕石や小惑星が地球に衝突すると危険なことは映画のアルマゲドンやディープインパクトを見ればわかる。

映画アルマゲドンやディープインパクトはU-NEXTで見ることができる。

フィリピンではこの小惑星のニュースはGMAにも掲載されているが、日本では全然話題になっていない。

日本でようやく話題になってきた北朝鮮問題はどうなるのだろうか?4/15に何もなくても北朝鮮の核放棄までこの緊張状態が続くようだが、北朝鮮は核放棄をしないだろうから、どうなってしまうのか?

サンキューポ







Pocket

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です