タイでは現金両替より海外キャッシングが良いかも?

チェンライの両替屋スーパーリッチ

チェンライの両替屋スーパーリッチ

ネットで調べるとタイのバンコク銀行はJCB(クレジットカード)でキャッシングするとATM利用料がいらないらしいから、手元にあったソラチカカードでキャッシングをしてみた。

バンコク銀行でキャッシングをすると紙幣が25枚まで引き出しができるようだ。最大額の2.5万バーツを引き出した。JCBのサイトをすぐに確認するとキャッシングの利用履歴が反映されていたから、クレジットカードの裏面に書いてある電話番号に電話(スカイプ)してみた。

電話がすぐにつながらず5分前後待たされた。まだ支払い金額が確定していなかったが、確定した時点でタイの携帯番号へ電話をしてくれるとのことだった。電話した時点の金額を支払えば良く、利息はこれ以降発生しないとのことだった。

3営業日後に支払い金額と振込先の連絡があった。三菱UFJ銀行で振り込めば振込手数料がいらない。ヤフーで確認すると1万円2,940バーツの時にキャッシングし、2.5万バーツが86,112円だった。1万円が約2,903バーツということになる。

スーパーリッチなどの高レートの両替屋が近くにないタイの地方都市へ行く場合は海外キャッシングで良いかもしれない。チェンライにはスーパーリッチがあるが、あまりレートが良くない。

フィリピンのようにATMで1万ペソ(銀行による?1日上限2万ペソ)ずつしか引き出しができないと不便で仕方がないが、2.5万バーツも引き出しができ、両替レートもそんなに悪くないから、タイでは海外キャッシングが便利だ。

フィリピンのようにATMに現金が入っていなかったり、ATMのスキミングが多かったりすると海外キャッシングは怖くて使えない。

Pocket

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です