【マニラ】喫煙禁止条例を承認

ABS-CBN Newsによると、マニラ市で喫煙禁止条例が承認された。

マニラ市が所有または管理するすべての公共施設での喫煙が禁止になるそうだ。喫煙の罰金や罰則が強化されたから、タバコを吸う人は大変だ。喫煙で捕まったら本当に刑務所にお泊まりしないといけないのだろうか?かなり厳しい罰則だ。

マニラの新しい喫煙の罰金や罰則

  • 1回目:2,000ペソ+刑務所1日
  • 2回目:3,000ペソ+刑務所2日
  • 3回目:5,000ペソ+刑務所3日

マニラのレストランやバーなども禁煙になったら大変だが、どうなるのだろう?マニラだけでなく、セブ島やアンへレスなどフィリピン各地でも禁煙になっていくのだろう。

フィリピンはタバコが安いから、喫煙率が結構高い。お金がなくてもタンバイがタバコをサリサリストアなどで1本ずつ買って吸っている。フィリピンではタバコを吹かして吸っている人が結構多く、近くでタバコを吸われるとけむたいことがある。

マニラの喫煙の罰金や罰則が厳しいから、マニラへよく行く人はこれを機にタバコを止めた方が良いかもしれない。タバコは10年以上吸っていたが、タバコを止めて10年以上経った。

サンキューポ

Pocket

【マニラ】喫煙禁止条例を承認」への2件のフィードバック

  1. oraken53

    フィリピンではタバコは日本みたいに半分政府が販売しているんですかね。
    税金も取れて罰金も取れれば一石二鳥なんですが。
    マニラが始めたということは近いうちに全土に広がるでしょう。
    日本も罰金制にすれば良いのに…

    返信
    1. Seiji 投稿作成者

      oraken53さん
      フィリピンではどこがタバコを販売してるんでしょうね。
      タバコは日本よりかなり安く、免税店で購入するよりスーパーで買った方が安いと思います。
      禁煙はフィリピン全土に広がっていくでしょう。

      日本でも歩きタバコや歩きスマホ、ポイ捨て、ツバ吐きなどは全部罰金にしてほしいですね。

      返信

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です