フィリピンでバイクの小さな子供の同乗禁止と運転中の携帯禁止

バコロドのBongBong'sのHot Piaya Station

バコロドのBongBong’sのHot Piaya Station

GMA NEWS ONLINEによると、5/19からフィリピンの国道や幹線道路でのバイクの小さな子供の同乗を禁止する模様。


バイクのフットレストに足がとどく子供だけが運転手の腰に腕をまわし、ヘルメットをかぶればバイクに同乗できるようだ。フィリピンでは父母子供2人の合計4人でバイクに乗ることなんて普通にあるし、子供の同乗の罰金や罰則が厳しいから、捕まったら大変だ。

フィリピンの小さな子供のバイクの同乗の罰金や罰則

  • 1回目:罰金3千ペソ
  • 2回目:罰金5千ペソ
  • 3回目:罰金1万ペソ+1ヶ月の免停

緊急事態や直ちに医師の診察を必要とする場合のみ小さな子供をバイクで搬送できるようだ。小さな子供がいる家族で車やトライシクルを持っていない人は大変だ。そもそも5/19からルールが変わることを知らない人も多そうだ。


また、マニラフィリピンで運転中の携帯電話の使用が禁止になった模様。こちらの罰金や罰則はさらに厳しいから、マニラで車を運転する人は要注意だ。バイクや自転車の運転中でも携帯やスマホを使っている人をたまに見るから、車で携帯使用はかなりいるだろう。

マニラの運転中の携帯電話の使用禁止の罰金や罰則

  • 1回目:罰金5千ペソ
  • 2回目:罰金1万ペソ
  • 3回目:罰金1.5万ペソ+3ヶ月の免停
  • 4回目:罰金2万ペソ+免許取消

フィリピンでは運転マナーが悪い、運転が下手なドライバーが多いから、運転のルールが増え、罰金や罰則が強化されることは良いことだ。

サンキューポ

Pocket

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です