アンへレスのローカル市場散策

アンへレスのアポ・マーケット

アンへレスのアポ・マーケット

アンへレスのローカル市場へ行くと、地元の人の生活や暮らしを垣間見ることができ、スーパーより安く買うことができるから、時間があればローカル市場によく行きました。 日本には売っていない物や食べ物が売っているから、ローカル市場を歩くだけでも楽しいです。

▼目次

  1. アンへレスのローカル市場散策時の注意点
  2. アポ・マーケット
  3. アンへレス・シティのナイトマーケット
  4. アンへレス・シティのパブリックマーケット
  5. アンへレスパブリックマーケット
  6. アンへレスのその他の小さなローカル市場




アンへレスでは野菜やフルーツはローカル市場で、調味料や麺類、缶詰、お菓子、おみやげなどはローカルショッピングセンターで、肉や魚などの生鮮食品はSMクラークのスーパーで買うことが多かったです。

アンへレスのローカル市場散策時の注意点

  • 信頼できる地元の人と一緒に行く

  • お金やスマホはポケットやカバン、財布ではなく、セキュリティーポーチに入れる

  • 周囲に不審者や不審車両がいないかを常に確認する

  • 値札がない店は購入前に値段交渉が必要

  • 安く買いたい場合は一緒に行った地元の人だけが店に行き、値段交渉

  • 食べ物を買う時は賞味期限や腐っていないかをよく確認する

  • 購入前におもちゃなどの商品が動くかどうかを必ず確認する

  • 購入後にお釣りや袋の買った商品を必ず確認する

  • 買い物をたくさんする時は両手が荷物でふさがらないように大きなエコバックを持参する

  • 夜やクリスマスシーズンはトライシクルを利用する

  • アンへレス・シティでは夕方にフィリピン国歌が流れるから、周囲の人と同じように安全な場所で立ち止まる

参考:海外滞在時の安心・便利アイテム

アポ・マーケット

アンへレスで1番大きな市場で、毎週金曜日にオープンします。 金曜日の早朝はアポ教会に礼拝に行く人が多く、アポ教会周辺に早朝から数百店舗の店がオープンします。 服や靴、サンダル、ベットシート、カーテン、日用品、おもちゃなどを安く買うことができます。 アポマーケットで買えない物はないくらいです。

特にクリスマスシーズンはスリが多いらしく、アポマーケットへ行く時は信頼できる地元の人と一緒にお金やスマホはポケットやカバン、財布ではなく、セキュリティーポーチに入れ、周囲に不審者がいないかを常に確認した方が良いです。

アポ・マーケットやアンへレス・シティのナイトマーケット、パブリックマーケットの場所は近く、徒歩圏内です。 アポ・マーケットへはトライシクルまたはジプニーで行くことができます。 夜やクリスマスシーズンに帰る時は正規のトライシクルターミナルからトライシクルを必ず利用した方が良いです。

アポ教会の場所

※アポチャーチは通称で、正式名称はArchdiocesan Shrine of Our Lord of the Holy Sepulcherのようです。

アンへレス・シティのナイトマーケット

夕方からアンへレスシティのKFC(ケンタッキーフライドチキン)周辺にナイトマーケットがオープンします。 規模はおそらく50店舗前後で、服や靴、サンダル、ベットシート、カーテン、日用品、おもちゃなどを安く買うことができます。

特にクリスマスシーズンはスリが多いらしく、アンへレス・シティのナイトマーケットへ行く時は信頼できる地元の人と一緒にお金やスマホはポケットやカバン、財布ではなく、セキュリティーポーチに入れ、周囲に不審者がいないかを常に確認した方が良いです。 ナイトマーケットだけに昼間のローカル市場よりもさらに注意が必要です。

アンへレス・シティのナイトマーケットへはトライシクルまたはジプニーで行くことができます。 夜やクリスマスシーズンに帰る時は正規のトライシクルターミナルからトライシクルを必ず利用した方が良いです。

KFCの場所

アンへレス・シティのパブリックマーケット

朝からアンへレス・シティのピュアゴールド(Pure Gold)周辺にパブリックマーケットがオープンします。 規模はおそらく100店舗前後で、野菜やフルーツ、魚、肉、服、靴、サンダル、ベットシート、カーテン、日用品、おもちゃなどを安く買うことができます。

特にクリスマスシーズンはスリが多いらしく、アンへレス・シティのパブリックマーケットへ行く時は信頼できる地元の人と一緒にお金やスマホはポケットやカバン、財布ではなく、セキュリティーポーチに入れ、周囲に不審者がいないかを常に確認した方が良いです。

アポ・マーケットへはトライシクルまたはジプニーで行くことができます。 夜やクリスマスシーズンに帰る時は正規のトライシクルターミナルからトライシクルを必ず利用した方が良いです。

アンへレス・シティのピュアゴールド(Pure Gold)の場所

アンへレスパブリックマーケット

アンへレスで食堂や屋台などの商売をしている人はアンへレスパブリックマーケットで食材を購入している人が多いようです。 。 アンへレスのスクワッターから近く危ないから、地元の人に連れられてしか行ったことがないです。 他のローカルマーケットへ行くことをお薦めします。

アンへレスパブリックマーケットの場所

アンへレスのその他の小さなローカル市場

アンへレス各地で曜日によって10店舗前後の小さなマーケットがオープンします。 学校やバランガイの近くが多いです。 小さなローカル市場より大きなローカル市場の方が安く買えることが多いです。








▲目次にもどる



Pocket

アンへレスのローカル市場散策」への2件のフィードバック

  1. アンポン

    へぇ~ 何か難しいことしてますね(笑)

    ド田舎のマーケットも危ないと言われ、P妻さんとではないとダメだってサ
    行くと好奇の目にさらされるから・・・・
    でも、パレンゲで従兄弟が仕切ってるから問題ないけど、見世物みたいで嫌ですw~

    返信
    1. Seiji 投稿作成者

      アンポンさん
      地元の市場に行く時は信頼できる地元の人と行く必要がありますね。
      特に外国人が少ない市場では余計にです。
      日本では売っていない物がいろいろ売っているから、行きたくなります。

      WordPressは初めて使うから、IT初心者の自分には難しいです。
      頭が痛くなりました。

      返信

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です