フィリピンの庶民の味方古着屋ウカイウカイ

アンへレスのアポマーケット

アンへレスのアポマーケット

ABS-CBN Newsの動画でマニラのクバオの古着屋ウカイウカイで予算50ペソでのコーディネートチャレンジを行っている。







フィリピンの庶民は古着屋ウカイウカイで服を購入する人が多い。フィリピンの市場では新品のTシャツが100ペソ前後、ポロシャツが200ペソ前後で購入できるが、生地が悪く通気性が悪くて暑くて仕方がない。特に3月~5月の酷暑期には暑すぎてフィリピンの安い服を着ることは大変だ。

動画のとおり古着は新品より安く(20ペソから)買うことができる。日本や香港からの古着が多く探して買えば生地もデザインもそこそこ良い服を購入することができる。

ウカイウカイで買った服を日本製なのか聞いてくる変わった友人フィリピーノは商売しているだけあって安くて良い日本の古着をよく買っていた。あまり人気がないバレーボールやサッカーチームのユニフォームの古着を100ペソで買っていた。ユニフォームはほとんど新品で生地が良いのに1年毎にデザインを変えるからか、フィリピンへ流れてきていたのだろう。

フィリピンで安い新品の服を買うくらいだったら、古着屋のウカイウカイで服を買った方が良い。ウカイウカイはショッピングモールにあることは少ないが、大きな市場に行けば必ずある。アンへレスだったら、アンへレスシティのアポマーケットやナイトマーケットに行けばよい。

サンキューポ









Pocket

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です