アンへレス(フィリピン)の洗濯物がなくなりにくい洗濯屋

アンへレスの洗濯屋Fields Laundry

アンへレスの洗濯屋Fields Laundry

アンへレス(フィリピン)で洗濯物を適当に選んだ洗濯屋にだすと洗濯物がなくなることがある。アンへレス(フィリピン)での洗濯物がなくなりにくい洗濯屋の選び方のポイントやアンへレスでお薦めの洗濯屋について紹介する。

▼目次

  1. アンへレス(フィリピン)の洗濯事情
  2. アンへレス(フィリピン)での洗濯屋の選び方のポイント
  3. アンへレスでお薦めの洗濯屋

アンへレス(フィリピン)の洗濯事情

アンへレスの住宅街には安くて便利な洗濯屋が必ずある。レストランやホテル、マッサージ屋、忙しいシングルマザーのフィリピーナ、外国人居住者などが利用している。アンへレスの安い洗濯屋は1kg30ペソ(最低料金は2kg60ペソなど)からある。

アンへレス(フィリピン)では洗濯機が買えず手洗いをしている家庭が半数以上ある。洗濯機が買えたとしてもフィリピンの安物の洗濯機はすぐに壊れてしまうらしい。洗濯機や扇風機の修理屋が住宅街をしょっちゅう回っている。また、フィリピンの安物の洗濯機で洗濯物を洗ったとしてもそんなにきれいに洗えないらしい。フィリピンの安い洗濯機の性能が悪いことやフィリピンの安い服の生地が悪いこと、洗濯物の汚れがひどすぎることなどが原因だろう。

アンへレス(フィリピン)では洗濯後洗濯物にダウニーで良い匂いを必ずつけてから洗濯物を干す。匂いに敏感なフィリピーナが多いからだ。臭い人はフィリピーナに絶対にモテないから、服の匂いや口臭、体臭、加齢臭には気をつけた方が良い。日本では香水は嫌がられることが多いが、フィリピンでは男女共に香水を良く使う。

アンへレス(フィリピン)での洗濯屋の選び方のポイント

  • 洗濯物がなくなりにくい
  • お客毎に洗濯物を洗濯する
  • ホテルやレストランのお客を持っている
  • 洗い上がりがきれい
  • 洗濯後の匂いが良い
  • 洗濯が終わるのが早い
  • 洗濯物を配達してくれる
  • 洗濯屋が乾燥機を持っている
  • 洗濯屋に清潔感がある
  • スタッフの愛想が良い
  • パーティーをしょっちゅうしていない

お客毎に洗濯物を洗濯しない洗濯屋は他の人の洗濯物と一緒に洗うのは汚いし、結構な頻度で洗濯物をなくしてしまう。料金が高くてもお客毎に洗濯物を洗濯している洗濯屋を選んだ方が良い。また、お客毎に洗濯物を洗濯しない洗濯屋は洗濯物をだした時に洗濯物が何着あるのかをいちいち確認する必要があるから、洗濯物をだすのに時間がかかる。他に数人のお客がいたらかなり待つことになってしまう。大口のホテルやレストランのお客を持っている洗濯屋は洗濯物をなくしにくい気がする。

洗い上がりや洗濯後の匂いまでは安い洗濯屋にあまり求めていなかった。通常朝に洗濯物をだせば翌日の夕方までに洗濯が終わるから、その期限を守ってくれるかを優先していた。洗濯物を取りに行く時間がない時は配達をしてもらっていた。

フィリピンには雨季(6月から11月まで)があるから、洗濯屋が乾燥機を持っていないと雨季は洗濯に時間がかかってしまう。自然乾燥では洗濯が乾くのに時間がかかるため洗濯物に生乾きのような変な匂いがついてしまう。

家族や親戚が多いフィリピンでは誕生日パーティーなどが多い。仕事そっちのけでパーティーばかりしている洗濯屋は選ばない方が良い。パーティーの度に洗濯が終わるのが遅れてしまう。日本では考えられないことだが、フィリピンではよくあることだ。

アンへレスの洗濯屋でパーティー?

アンへレスの洗濯屋でパーティー?

アンへレスでお薦めの洗濯屋

アンへレスで住んでいたアパート周辺にも洗濯屋が数店あったが、先のポイントに合致する少し離れた洗濯屋を利用していた。ホテルやアパートの近所の世話好きなおばちゃんフィリピーナに聞けば便利な良い洗濯屋を教えてくれるだろう。

ALMA Laundry

アンへレスの洗濯屋ALMA Laundry

アンへレスの洗濯屋ALMA Laundry

※写真の看板の奥の洗濯屋がALMA Laundry

洗い上がりはそんなに良くないかもしれないが、お客毎に洗濯物を洗濯するから洗濯物がなくなりにくいし、乾燥機を持っていた。洗濯料金は1kg30ペソ(最低料金は2kg60ペソ)と安く、頼めば配達もしてくれた。場所はルミアパテルホテルの近く。洗濯をだすついでに近くの食堂でおいしいおかずを買い、Bretto’sでおいしいハムを買っていた。

Fields Laundry

数年前に利用していた洗濯屋。洗濯料金はたしか1kg60ペソだった。お客毎に洗濯物を洗濯していたかは知らないが、洗い上がりはきれいで期限を守ってくれた。昔はウォーキングストリート入り口近くにあり便利だったが、建物が取り壊されたためアメリカホテル近くへ移転した。

サンキューポ

▲目次にもどる



Pocket

アンへレス(フィリピン)の洗濯物がなくなりにくい洗濯屋」への2件のフィードバック

  1. oraken53

    話を聞く限りどうやら日本でいうクリーニング屋ではなく、有人のコインランドリー屋といった感じですね。
    しかし他人の物と一緒に洗うだの洗濯物が無くなるだの日本では絶対商売してはいけない人達じゃないですか!
    まぁ日本をスタンダードに考えると他で生活できませんがもう少し真面目に商売してほしいトコロですね。

    返信
    1. Seiji 投稿作成者

      oraken53さん
      フィリピンの当たり前と日本の当たり前は全然違うからおもしろいですね。
      なくなったら困る服はフィリピンの洗濯屋にはだせません。なくなる可能性があるからです。
      他人のものと一緒に洗う洗濯屋は安いですが、結構な確率で洗濯物がなくなります。

      返信

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です