【拡散】東池袋自動車暴走死傷事件の署名活動について

チェンライの人気Tawandang(タワンダン)

チェンライの人気Tawandang(タワンダン)

東池袋自動車暴走死傷事件にて犠牲となった方の夫が署名活動を始めたから紹介する。

▼目次

  1. 日本でも上級国民は逮捕されず
  2. タイの交通事故死亡者はなんでこんなに多いのか?

日本でも上級国民は逮捕されず

医者に運転を止められていたのに運転し、ひき逃げした後に人をひき殺したのに未だに逮捕されないなんて日本も発展途上国で上級国民優先のタイと同じなんて恐ろしい人治国家(社会主義国)だ。痛いタイとは同じにならないようにこの署名活動で上級国民が危険運転で逮捕されることを望む。ついでに家族も幇助で逮捕されれば良いのに。

参考:東池袋自動車暴走死傷事件の署名活動

https://ameblo.jp/ma-nariko/entry-12493099392.html

タイではレッドブル創業者の孫がひき逃げで警官を殺し、国際手配をされたのに世界中をプライベートジェットで逃げ回り、未だに逮捕されていないことが有名だ。なんで世界各国でレッドブルの不買運動が起こらないのかが不思議で仕方ない。

他のお金持ち(上級国民)が死亡事故を起こしてもまったく捕まらないのはタイでは有名なあるあるだ。タイは中国人もびっくりなほどの格差社会なのだ。

タイの交通事故死亡者はなんでこんなに多いのか?

チェンマイのターぺー門周辺の渋滞

タイは2016年の人口10万人当たりの交通事故死者数が32.7人(WHO推計値)で世界2位らしい。日本は4.1人らしいから、日本の約8倍と恐ろしい国だ。

お金持ち(上級国民)が死亡事故を起こしても逮捕されないどころか賠償金をとんずらしても処罰されないんだから、飲酒暴走がなくなるわけがない。

タイではタワンデーンのようなショーを見ながらお酒を飲むことができるクラブ?が各地にある。料金が高いからお金持ちしか行くことができず、深夜は治安が悪いこともありみんな車で行く。

日本みたいに運転手はお酒を飲まないなんてことは基本的になく、飲みまくるだけでなくお薬でラリってるのも結構見かける。おまけに警察が賄賂をもらっているのか、その近くで飲酒検問をすることなんて一切ないから、0時を過ぎるとその周辺で飲酒暴走をしている車を結構見かける。

タイではピックアップの荷台に乗っている人やヘルメットをかぶっていないバイクをよく見かけるから、日中は暴走している車が少なくても死亡事故が増える。

特に4/13-15のソンクラーン(水かけ祭)や5月前後の酷暑期(夏休み)の川遊びの時期がヤバい。日中から酒を飲みまくり、飲酒暴走をしている車がいっぱい走っているから。チェンライで川遊びに誘われたことがあるが、海がないタイ北部やラオスでは日本の花見のように恒例の行事のようだ。

フィリピンではお金持ちは運転免許を買うことができ、めちゃくちゃ運転が下手な人が普通に運転しているが、タイも同じくお金持ちは運転免許を買うことができることも死亡事故の原因の1つかもしれない。

信賞必罰を徹底せずタイみたいに上級国民を優遇する人治国家になってしまったら国は簡単に荒廃してしまう。フィリピンはドゥテルテ大統領のおかげで信賞必罰が少しずつ改善していっている。

サンキューポ

▲目次にもどる

Pocket

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です