【危険】マクタン島に近いオランゴ島で武装した2人の男を目撃

出典:INQUIRER net

出典:INQUIRER net

INQUIRER netによると、マクタン島から6.4kmのオランゴ島San Vicenteの海岸沿いで武装した2人の男を目撃した模様。




オランゴ島San Vicenteの場所

武装した2人の男を目撃しただけでなく、6回の爆発音を聞き、ABS-CBN Newsによると、政府軍がオランゴ島でアブサヤップの疑いがある野営地を見つけたらしい。

4/11のボホール島での戦闘で逃走したアブサヤップのメンバー8人のうちの2人かもしれない。ドゥテルテ大統領がボホール島の戦闘で逃げたテロリスト6人に対し1人当たり百万ペソ(計6百万ペソ)の懸賞金をかけたようだが、逃走しているのは8人とこの記事に書かれている。

逃走したアブサヤップのメンバーに高額な懸賞金をかけられるから、住民からいろんな情報が提供されるだろう。当分はボホール島やオランゴ島周辺には行かない方が良い。オランゴ島からマクタン島まではわずか6.4kmみたいだから、マクタン島も注意した方が良いだろう。

マクタン島のマクタン・セブ国際空港

マクタン島のマクタン・セブ国際空港

フィリピンの旅行関係者がこの状況でまだフィリピンは安全な場所だと言っているからどうしようもない。無責任で利己主義、その場しのぎのウソをつくフィリピン人には気をつけた方が良い。

日本は知らないが、アメリカやイギリスはテロリストに拉致されても身代金を払わない。身代金を払うとテロリストの資金源になるし、身代金を払う国の人は拉致されやすくなるからだ。アブサヤップに拉致されたカナダ人2人が2015,16年に斬首され、フィリピン人の漁師が最近斬首されている。

海外では危険な場所と言われている場所には行かないに限る。残念なブログに危険な場所に行き、全然危険じゃなかったみたいなことを書いていることがあるが、たまたま大丈夫だったか、汚くて相手にされなかっただけだろう。

フィリピンだけでなく発展途上国では服装や外見で判断されることが多いから、地元の人しか行かない場所に小ぎれいな格好で行ったり、カバンや財布を持って行ったりすると狙われる可能性が高くなる。

サンキューポ







Pocket

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です