ネットのおかげでコロナや地球温暖化などのマスゴミのウソがバレバレ

スポンサーリンク
中国長沙のやばい大気汚染? ホテル

庶民は情弱で必要な情報を入手することができなかったが、ネットが発達してくれたおかげで中国コロナや地球温暖化などのマスゴミや役人、政治家、自称専門家などのウソや印象操作、隠蔽がすぐにバレるようになって良かった。

スポンサーリンク

ネットのおかげでバレた中国コロナのウソや印象操作、隠蔽

【コロナの真実?】マスゴミの異常なコロナ煽りのせいで不況で倒産だらけの日本
WORLD DOCTORS ALLIANCE(WDA)という非営利団体の中国コロナについてを読むと絶句する。いかに日本のマスゴミの中国コロナの煽りがひどいのかがよくわかる。専門家じゃない俳優や芸人、アナウンサーなどの素人が煽ったせいでたくさんの店や会社がつぶれてしまった。

WORLD DOCTORS ALLIANCE(WDA)という非営利団体の中国コロナについてを読むと、日本でもいろんな情報が隠蔽され、PCR検査利権やワクチン利権、薬利権のためにマスゴミが中国コロナの危険性を必死に煽っていることがわかる。

WDAの中国コロナについての抜粋

  • 中国コロナの感染者約80%が無症状である。
  • PCR検査の陽性の約90%は偽陽性。
  • 2020年6月にパンデミックは終了した。
  • 集団免疫を獲得したためワクチンは必要ない。
  • 集団免疫を獲得したためマスクやソーシャルディスタンス、健康な人へのPCR検査などは必要ない。
  • イギリスの中国コロナの死者数がおかしい。
  • 中国コロナの死者の多くは他の病気が原因で亡くなっている。
  • PCR検査で陽性になり28日以内に亡くなった人は事故でも心臓発作でも中国コロナの死者としてカウントしている。
  • ロックダウンの効果はあやしい。
  • 45才未満の人は落雷で亡くなる人より少ない。
  • 中国コロナよりも自殺と貧困で亡くなる人が増える。
  • ヒドロキシクロロキンは治療薬として効果があるが、なぜか禁止されている。
  • 効果的で安全な治療法と治療薬があるから、ロックダウンやワクチンは必要ない。
  • ヒドロキシクロロキンやビタミンC、ビタミンD、亜鉛などで予防。

中国コロナの集団免疫の獲得と効果的な治療法を隠蔽するなんてとんでもない。周りで中国コロナで重症になった人も亡くなった人もいないのに必死に煽っていることが不思議で仕方なかった。

数千人?NYコロナ死者数を隠蔽か クオモ知事に疑惑
 新型コロナウイルスによる死者数の隠蔽疑惑について語りました。  去年6月。当時、新型コロナウイルスの対策について称賛を浴びていたニューヨーク州のクオモ知事。  しかし、この新型コロナの対策を巡って、ある批判が…。入院患者の数などを意図的に隠蔽した疑惑です。  地元メディアによりますと、去年春以降、ニューヨーク州...

「地元メディアによりますと、去年春以降、ニューヨーク州で感染が拡大した新型コロナの患者のなかで約9000人の入院患者が陰性が確認される前に介護施設に移されていたと報じられていました。」

テレビ朝日などのマスゴミが中国コロナ対策で大絶賛していたニューヨーク州の民主党のクオモ知事が足らないと絶叫してたくせにトランプ大統領に送ってもらった人工呼吸器を倉庫に隠し、陰性かどうかわからない高齢者を移送したせいで多くの高齢者を殺した。

ネットのおかげでバレた地球温暖化のウソや印象操作、隠蔽

米寒波で大規模停電、テキサス州など400万世帯に影響(写真=AP)
【ニューヨーク=中山修志】 米国の記録的な寒波に電力供給が間に合わず、南部テキサス州などで大規模な計画停電が始まった。米メディアによると、米東部時間16日午前(日本時間16日夜)の時点で400万世帯以上が停電の影響を受けている。石油・天然ガスのパイプラインや精油施設が閉鎖され、原油・ガス価格の上昇につながっている。テキ...

「米国の記録的な寒波に電力供給が間に合わず、南部テキサス州などで大規模な計画停電が始まった。米メディアによると、米東部時間16日午前(日本時間16日夜)の時点で400万世帯以上が停電の影響を受けている。石油・天然ガスのパイプラインや精油施設が閉鎖され、原油・ガス価格の上昇につながっている。」

ウソの地球温暖化を煽っていた環境活動家のせいで風力発電や太陽光発電を推進してきたが、大寒波のせいで風力発電や太陽光発電が凍って発電できず、400万世帯以上が停電となり、多数の死者がでるというとんでもない事件が起こった。

「アラスカより寒いって、考えたことある?」テキサスの大寒波で非常事態宣言
国立気象局がツイート。現地では大雪で道路が凍結し、130台を超える車が巻き込まれる事故が発生するなど、混乱が広がっている。

「アメリカ国立気象局テキサス州エリアの公式Twitterが、その投稿を引用しながら「テキサス中部のみなさん、あなたたちの街がアラスカよりも寒くなるなんて、考えたことある?」と自嘲気味につぶやいている。」0度以下になることが少ないテキサス州のダラスで-9度になり、アラスカよりも寒かったらしい。

米テキサス州、電力スポット価格が上限突破-寒波で計画停電実施
米テキサス州で電力のスポット価格が上限の1メガワット時9000ドルを突破した。猛烈な寒波で計画停電が実施されている。

アメリカのテキサス州では大寒波で電気代が34倍になったらしいけど、どうやって電気自動車を充電するのか?そもそも停電で充電ができない。

大豪雪で50時間立ち往生、「電気自動車」ならどうなった? 暖房は30時間が限界、凍死の危険も(デイリー新潮) - Yahoo!ニュース
 実は、日本は世界でも有数の“雪国”である。  国土の半分が“豪雪地帯”に指定され、そこに約2千万人が暮らしている。今後、EVを広く国内に普及させるのであれば、寒さや雪への対策は避けて通れない課題

「EVの場合、アイドリング状態でバッテリーが持つのは1日程度。しかも、残量がゼロになったら特殊な電源車を呼んで給電してもらうしかない。今回の関越道のように道路が車で埋まってしまい、周囲を雪で閉ざされた状況では、そうした助けも期待できません」

関越道の立ち往生で顕在化! 緊急時にEVに求められる「命を守るための基準」 - 自動車情報誌「ベストカー」
関越道の立ち往生で顕在化! 緊急時にEVに求められる「命を守るための基準」 政府は2050年に向けて電動化を推し進めるとしているが、EVが普及しても、災害に関してはガソリン車と同じように問題が降りかかる。ガソリン車よりも厳しいと考えられる。こういった状況も含めて、現在EVが抱える課題とは何か?

最近はテスラの電気自動車を日本でも見かけるようになったが、バッテリーは氷点下の寒冷地では通常時と比べて20%ほど性能が落ち、暖房にも電力が必要だから、大寒波が来るととんでもない事態になる。日本が電気自動車だらけだったら、豪雪の度に関越道の立ち往生みたいな事件が発生する。

寒冷地に行くことなんてないから知られていないが、寒冷地ではスマホやデジカメを長時間使えないことは常識だ。スマホを買う時は電池が大きいスマホを、車を買う時は寒冷地仕様の車を買う必要がある。

地球は2030年からミニ氷河期に入るのか?
 英国の研究者が驚くべき発表をした。「今後15年ほどで太陽の活動が60%も減衰する」というのだ。メディアは「ミニ氷河期に突入」というタイトルで記事を打った。果たして、ミニ氷河期は本当に起こるのか。

「今後15年ほどで太陽の活動が60%も減衰するというのだ。」2030年頃からミニ氷河期に突入するとの噂があるから、家をオール電化にした人や電気自動車を買った人は悲惨かもしれない。北海道のように本州でも大きな灯油タンクが必要になるかもしれない。

ネットのおかげでバレたいろんなニュースのウソや印象操作、隠蔽

東京オリンピック関連で女性差別発言?の森叩きがあったが、自称フェミニストの工作員が暗躍していた。工作員たちは環境活動家と同じくウィグル問題の中国の北京オリンピックには一切触れないからだ。森失言と強制結婚や不妊手術、集団レ○プなどとんでもない人権無視のウィグル問題を比べてどちらが悪質かなんて小学生でもわかってしまう。

アメリカのプレジデントデー(2月の第3月曜日)でバイデン大統領がホワイトハウスのチャンネルに動画をアップしたが、13万強再生しかなく、コメントはオフでBadボタンがgoodボタンの10倍以上になっている。

どんなに裏で操作したとしてもネットではすぐにバレてしまうのにいつまでこんな茶番を続けるのか?国会議員や役人、マスゴミ、医師会、自称専門家が利権のための利益誘導でウソや印象操作、隠蔽をするのは明らかな犯罪だと思うが?

ワクチン利権や税金のバラまき選挙対策のために外国人の入国継続や日本の外国人の感染者数、検査基準の変更、PCR検査やワクチンの闇に一切触れない国会議員や知事、役人、マスゴミ、医師会はまったく信用できない。

コメント

タイトルとURLをコピーしました