スターアライアンスのビジネスクラス予約と痛いマレーシア航空

伊丹空港のANA787

伊丹空港のANA787

エラー運賃のファーストクラス(エミレーツ航空A380)をマレーシア航空にキャンセルされ、痛いカスタマーサービスに散々な目にあっているが、一応全額返金されたから、スターアライアンスのビジネスクラスを予約した。一方痛いマレーシア航空のカスタマーサービスは相変わらず痛い。

▼目次

  1. スターアライアンスのビジネスクラスを予約
  2. 痛いマレーシア航空のカスタマーサービスのその後

スターアライアンスのビジネスクラスを予約

エラー運賃のファーストクラス(エミレーツ航空A380)をマレーシア航空にキャンセルされ、一応全額返金されたから、また新しい機体のファーストクラスに乗りたかったが、ファーストクラスは高くて買えないから、新しい機体のビジネスクラスを予約することにした。

オマーンエアやケニア航空、スリランカ航空などのビジネスクラスは安いが、新しい機体が少ないし、路線がイマイチだし、マイルが貯まらないから、いろいろ探していたら、お手頃な価格で発着地もなかなか良い新しい機体のスターアライアンスのビジネスクラス(片道5時間以上)が見つかった。

面倒な乗り継ぎをする必要があるが、ビジネスクラスの場合ビジネスクラスラウンジを使えるから何の問題もない。しかも乗り継ぎ便をプラスした方が料金が数万円安くなるというのが航空券の不思議だ。手間が増える分仕方がないのか?

海外ではビジネスクラスでも約1時間の乗り継ぎは無理だろうが、遅れることを前提に後の予定を入れたり、入れなかったら良い。料理を事前予約できるから確認したらイマイチだったが、新しい機体のビジネスクラスだし、ANAのマイルが結構たまるだろうから楽しみだ。

痛いマレーシア航空のカスタマーサービスのその後

マレーシア航空(機材はエミレーツ航空)のファーストクラスの航空券(加工済み)

マレーシア航空(機材はエミレーツ航空)のファーストクラスの航空券(加工済み)

補償の航空券の手続きをするためにメールで送られてきた書類を印刷し、サインし、スキャンし、送付する必要があったから、補償の航空券をあきらめようと思ったが、ANAのマイル特典航空券の日程変更が無理矢理できそう(特典航空券期限切れで無駄に帰国)だし、痛いマレーシア航空(絶対に予約してはいけないダメ航空会社)に乗る機会はもうないから、どれだけひどいのかを体験することにした。

遅延が慢性的に発生しているマレーシア航空で普通に乗り継ぎ便(3時間以上)を予約したらちゃんと乗り継ぎ(クアラルンプール)ができるのかや乗り遅れた場合代替の乗り継ぎ便を補償してくれるのかを確かめようと思う。マレーシア航空はLCCと同レベルかそれ以下のサービスレベルだが、面倒くさいから遅延せずに予定どおり発着してくれるのを願う。

そういうことだから、書類をスキャンしてマレーシア航空のカスタマーサービスへわざわざ送ったのに書類送付ありがとうやいつまでに航空券の手続きが完了しますなどのメールが一切ない。ファーストクラスをキャンセルした上にお客にわざわざ長電話の後書類を印刷サインスキャン送付をさせといてまったく連絡がないとはさすが残念なマレーシア航空だ。

マレーシア航空のサイトから自分の航空券がどういう状態になっているかを一応確認できるが、数日経ってもいまだに予約が完了していない。乗り継ぎ便の予約ができないからさっさと予約完了してくれよ。それとも乗り継ぎ便の予約をしてしまったらまた痛い目(キャンセル分は乗り継ぎ便の補償はなし)にあってしまうのか?

この閑散期しか予約できない補償のクソ航空券をもらったとしてもクアラルンプール2往復分(キャンセル分と新規分)の航空券を買うから、得なんてしていないし、残念なスタッフと無駄な手間による精神的苦痛はてんこ盛りだ。

参考:ファーストクラスキャンセル後のマレーシア航空のカスタマーサービスとの戦闘記

http://angeles-smile.com/access/combat-diary-with-bad-malaysia-airlines

マレーシア航空が痛すぎてブログのネタにできるのはありがたい。こんなサービスレベルでよく今まで倒産せずに持ちこたえているなと思う。世界不況になればすぐに破綻するだろうだから、いずれにしてもマレーシア航空の利用は最後になる。

サンキューポ

▲目次にもどる

Pocket

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です