【コスパが良い便】大阪台北便の時刻表

台湾の台北駅

大阪台北便のコスパが良い便と時刻表について紹介する。

大阪台北便の時刻表(2019年8月)

  1. 02:30→04:25 Peach21 日月火水木金土
  2. 08:15→10:10 Peach23 日月火水木金土
  3. 09:30→11:25 チャイナエアライン159 日月火水木金土
  4. 11:10→13:05 エバー航空177 日月火水木金土
  5. 11:15→13:10 タイガーエア台湾211 月水金土
  6. 12:15→14:25 ジェットスター・アジア航空724 日水木土
  7. 13:10→15:05 エバー航空131  月火水木金土
  8. 13:10→15:10 チャイナエアライン157 日月火水木金土
  9. 14:00→15:55 タイガーエア台湾211 日火木
  10. 14:00→16:00 チャイナエアライン153 日月火水木金土
  11. 16:00→17:55 Peach27 日月火水木金土
  12. 16:15→18:10 フィリピン航空897 日水土
  13. 16:20→18:20 キャセイパシフィック航空565 日月火水木金土
  14. 17:20→19:25 ジェットスター・アジア航空722 日月火水木金土
  15. 18:30→20:30 エバー航空129 日月火水木金土
  16. 19:05→21:05 チャイナエアライン173 日月火水木金土
  17. 19:35→21:35 日本航空815 日月火水木金土
  18. 22:00→23:50 エアアジアX371 月火水金
  19. 22:10→00:10 エバー航空179 日月火水木金土
  20. 23:05→01:00 タイガーエア台湾221 日月火水木金土
  21. 23:25→01:20 Peach29 日月火水木金土

大阪台北便もJALが運行しているとは知らなかった。地方空港発国際線がないのはANAだけだったとは。Peachだけがバスで移動する必要があるターミナル2で面倒くさい。アジアの人気路線のほとんどを運行しているエアアジアはさすがだ。

混雑して大変な旧正月前後は中国や台湾、香港、ベトナムに行かない方が良い。2020年の旧正月は1/25(土)のようだ。毎年変わる休日(旧正月やラマダンなど)は要注意だ。

台北大阪便の時刻表(2019年8月)

  1. 00:05→03:50 Peach30 日月火水木金土
  2. 06:30→10:10 エバー航空178 日月火水木金土
  3. 06:40→10:25 タイガーエア台湾210日月火水木金土
  4. 06:55→10:50 ジェットスター・アジア航空723 日水木土
  5. 08:20→12:00 チャイナエアライン156 日月火水木金土
  6. 08:30→12:10 エバー航空132 日月火水木金土
  7. 08:40→12:25 日本航空814 日月火水木金土
  8. 09:00→12:50 チャイナエアライン152 日月火水木金土
  9. 09:15→13:00 Peach22 日月火水木金土
  10. 10:25→14:05 フィリピン航空896 日水土
  11. 11:00→14:50 キャセイパシフィック航空564 日月火水木金土
  12. 12:40→16:30 ジェットスター・アジア航空721 日月火水木金土
  13. 13:35→17:15 エバー航空130 日月火水木金土
  14. 14:20→18:05 チャイナエアライン172 日月火水木金土
  15. 14:50→18:35 Peach26 日月火水木金土
  16. 15:55→19:45 エアアジアX370 月火水金
  17. 17:10→20:55 チャイナエアライン158 日月火水木金土
  18. 17:30→21:10 エバー航空180 日月火水木金土
  19. 18:30→22:15 タイガーエア台湾220 日月火水木金土
  20. 18:35→22:20 Peach28 日月火水木金土

台北のおいしい水餃子

3時間と近くて人気がある大阪台北便は便数が多いから選びたい放題だ。早朝便と深夜便以外ならどれに乗っても問題ないだろう。早朝便は出発まで眠たくて仕方がない上に寝過ごしてしまったら悲惨だ。到着が夜になってしまう便は遅延すると最終電車がなくなってしまい、空港泊まりになるから不便だ。LCCは遅延が多い。

2020年1月7日大阪発2020年1月14日台北発の運賃を比べると、Peachやエアアジア、タイガーエアなどのLCCは往復2万円前後、エバー航空やチャイナエアライン、キャセイパシフィック航空は往復3万円前後、JALは往復4万円前後だった。

今まで利用した中で一番のクソ航空会社はジェットスターだから、できるだけ利用しない方が良い。地上スタッフやサポートセンターが痛すぎてどうしようもない。まさに乗客を荷物くらいにしか考えていないサービスレベルだ。

首都圏以外に住んでいると不便な羽田と成田経由のANAやJALは不便で仕方がなくメリットがない。首都圏以外からだと東京で乗り継ぎするよりもマニラや台北、上海、香港で乗り継ぎした方が安い運賃でいろんなところに行くことができる。GWやお盆でも日本発着みたいに高くない。セールだったら片道5千円前後で行くことができるからかなりお得だ。

ANAやJAL、エバー航空などのメガキャリアは片道運賃より往復運賃の方が安いことすらあるから、往復で買わないともったいない。

楽天プレミアムカードなら『プライオリティパス』に【無料】で登録!!

世界中のホテル予約を、一気に比較【ホテルズコンバインド】

サンキューポ

Pocket

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です