【危険】5/6にマニラのキアポで2回の爆弾テロでまた死傷者

INQUIRER netによると、5/6にマニラのキアポで2回も爆弾爆発でまた死傷者がでた模様。

先日のブログで紹介したが、4/28夜にマニラのキアポ教会近くで爆弾事件が起こった。マニラ首都圏警察庁(NCRPO)はマニラで開催中のASEAN Summitを狙ったテロ攻撃ではなく、ギャング抗争が原因の可能性があると語ったが、ほぼ同じ場所でまた2回も爆弾が爆発し、2人が死亡し、6人が負傷した。

マニラのキアポ教会の場所

4/28の爆弾爆発事件はギャング抗争が原因と言っていたのに、5/5にマニラのイスラムセンターの家を警察が捜索を行ったというニュースがあったからおかしいなと思っていたら、5/6に2回もまた爆弾爆発事件があった。ようやくテロの疑いがあることを警察が語ったようだ。

このマニラの爆弾爆発事件後にイギリス政府が旅行への注意喚起を行った模様。

フィリピン各地でアブサヤップや新人民軍(NPA)のテロ攻撃などが最近頻発し、治安が悪化しているから、用心する必要がある。フィリピンの警察や役人、軍隊などが言うことはあまりあてにしない方が良いだろう。

今回の事件だけでなく、4/11のボホール島のアブサヤップ襲撃前にアメリカ大使館はテロの深刻な脅威があると発表したのにフィリピン国軍(AFP)はないと発表していた。

フィリピンの悲惨な状況を鑑みると、日本にテロ等準備罪が必要なことがわかる。国家や国民の安全に関する情報収集は必須だろう。

追記

爆弾爆発事件の現場近くで危なそうな包みを爆弾処理ロボットで確認しているニュースの動画があった。ポイ捨てが多いフィリピンでは大変だ。ニュースの動画がアップされたら掲載予定

サンキューポ

Pocket

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です