【危険】日本と同じく接種率が高いペルーでデング熱が大流行で非常事態宣言!

Best Western Premier BAYPHERE PATTAYAのきれいな夕焼け ホテル

日本と同じくバカチン接種率がやたら高いペルーでデング熱が大流行し、非常事態宣言で担当大臣が辞任した。特にひどい結果には必ず原因がある。

日本と同じく接種率が高いペルーでデング熱が大流行で非常事態宣言!

デング熱流行のペルー、保健相が辞任 大半地域で非常事態宣言
- デング熱の感染が拡大する南米ペルーで15日、グティエレス保健相が辞任を表明し、ボルアルテ大統領が受理した。

「感染者は14万6000人を突破し、死者は248人に達した。ここ1週間で死者は24%、感染者は12%超増えている。エルニーニョ現象による集中豪雨でデング熱を媒介する蚊が急増しており、今後感染はさらに広がる恐れがある。」

<新型コロナウイルス> 世界各国のワクチン接種状況:時事ドットコム
<新型コロナウイルス> 世界各国のワクチン接種状況 新型コロナウイルス、都道府県別の感染者数・死者数。新型コロナウイルスの最新情報をまとめました。
タイのデング熱症例、5ヶ月で18,173人を確認・15人死亡 | タイランドハイパーリンクス:Thai Hyper
デング熱の症例は、子供の間だけでなく、高齢者の間にも着実に増加しています。タイ医療サービス局は、エルニーニョ現
ハノイ:デング熱患者が急増、病院もパンク[社会]
 ハノイ市疾病管制センター(CDC)の最新報告によると、この3週間、ハノイ市の多くの地域で「ブレトー指数(幼虫指数、Breteau index=BI)」が許容値...

エルニーニョ現象による集中豪雨でデング熱を媒介する蚊が急増していることを原因にしたいようだが、他の原因で免疫力が低下してないと死者数がこんなに増えない。ペルーだけでなく南米や東南アジア各国でもデング熱の感染者や死者数が急増してるから、知能が低いコロ脳やワク信は本当に悲惨だ。

4億人感染のデング熱、武田薬品がワクチン開発…流行国インドネシアで近く販売へ
【読売新聞】 熱帯感染症「デング熱」を予防するワクチンを武田薬品工業が開発し、近く流行国のインドネシアで販売を始める。先行する海外製に比べて接種対象が広く、世界で年約4億人が感染する感染症を抑止できる有力なワクチンになる可能性がある
62人死亡? 比デング熱ワクチン導入の“失敗” | 実践!感染症講義 -命を救う5分の知識- | 毎日新聞「医療プレミア」
「世界一恐ろしい生物=蚊」の実態を知る【15】  フィリピン人はフランスの製薬会社のギニーピッグ(実験台)にされた--。  これは私がフィリピン人の知人から直接聞いた言葉です。「ギニーピッグ」とは穏やかな言葉ではありません。ですが、フィリピンの世論は現在、あるワクチンを巡って緊迫した状態が続いていま

「ワクチンをうった子供がデング熱に感染すると重症化し、なかには死に至るケースが相次ぎました。」

コロナ風邪のバカチン接種に続き、東南アジアや南米ではデング熱の接種を打たれまくる流れになっていることも本当に悲惨だ。2016年にフィリピンで大失敗し、コロナ風邪でも大失敗したのにまた同じ過ちを繰り返すなんて製薬利権はどれだけ儲かって仕方がないのか?

日本でもこれだけ病人やお陀仏が急増しても未だにインチキコロナ騒動で大騒ぎ!

Tracking covid-19 excess deaths across countries
In many parts of the world, official death tolls undercount the total number of fatalities

「日本人の8割が打ったワクチンで「情報統制が敷かれている」ということになれば、国民全員が「え!?」ってなると思ってたら、意外にそうでもない」

日本でもこれだけ死者数や超過死亡が急増し、持病が悪化したり、あらゆる感染症が大流行したりして病人はもっと急増しているのにインチキコロナ騒動と未だに理解できない知能が低いコロ脳やワク信はどうしようもない。

「ウイルスの性質は変わりません。」

ウィルスの性質が変わらないから、インフル接種もデング熱の接種もコロナ風邪のバカチン接種も同じ大失敗を繰り返し、副作用のせいで病人やお陀仏を急増させる。知能が低いコロ脳やワク信が自爆するのは好きにすれば良いだが、製薬利権や宗主国のために多額の税金を無駄にするのは止めろ。

DHC マルチビタミン 90日分 (90粒)
DHC(ディー・エイチ・シー)
¥957 (¥11 / 粒)(2023/10/04 04:06時点)
【セット品】DHC 亜鉛 60日 60粒 3袋セット
DHC(ディー・エイチ・シー)
¥1,358 (¥8 / 粒)(2023/10/04 02:56時点)



コメント

タイトルとURLをコピーしました