【セブ島】6時間で7回の地震

出典:ABS-CBN News

出典:ABS-CBN News

ABS-CBN Newsによると、今日3/21にセブ島で6時間に7回の地震が起こった模様。

ABS-CBN Newsによると、今日3/21の3:41,3:43,3:58,4:41,4:50,6:17,9:13に6時間に7回の地震がセブ島で起こった模様。

最も大きかった地震は3:43でマグニチュード4.8、震源の深さ25km。セブ島のマンダウエやマクタン島のラプラプでは震度3を感じたそうだ。フィリピンの震度と日本の震度が同じなのかは知らない。

フィリピンの建物は高いビルでさえブロックを積み上げてつくるのが多いから、震度3でも壁が倒壊しそうで怖い。

セブ島やマクタン島は犯罪が増えているみたいだし、6時間で7回の地震までくるなんてついてない。

海外での安全は自己責任だから、安全対策を徹底し、海外旅行や海外留学へ行く時は海外旅行傷害保険に必ず入ろう。

マグニチュードは大まかに言うと世界共通(定義としては一つ)です。ただし、使っている地震計や地震観測網が違うために、それぞれ異なるマグニチュードの値が計算され、その結果、新聞などで見る外国の地震のマグニチュードが同じ地震なのに少し違っている場合があります。

震度は、その国の建物の壊れやすさなどにより異なり、したがって国によって異なっています。日本では、0、1、2、3、4、5弱、5強、6弱、6強、7の10階級で表し、震度計で観測します。一方、外国では主にMM震度階(モディファイド・メルカリ・スケール(改正メルカリ震度階))という12階級での表現を使っています。これは体感や被害によるものです。

出典:気象庁 マグニチュードや震度は世界共通なのですか?

http://www.jma.go.jp/jma/kishou/know/faq/faq27.html#22

サンキューポ



Pocket

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です