【危険】フィリピンの警官が口論した2人を撃ち殺す!

小さなショルダーバックを持つフィリピーノ

小さなショルダーバックを持つフィリピーノ

INQUIRER netによると、5/17にフィリピンのラウニオンの警官が口論の2人を撃ち殺し、逮捕された模様。

警官は撃ち殺す前に2人と激論をかわしていたようだ。その後2人を探して撃ち殺し、逃亡したが、数時間後に逮捕された。流れ弾でなのか、1人が負傷したようだ。フィリピーノが口論した後に家に刃物や銃を取りに行き、口論の相手を殺したという事件をフィリピンのニュースではちょくちょく見かける。

無駄にプライドが高いフィリピーノが結構いるから、特に人前でプライドを傷つけるようなことは絶対に言わない方が良い。お金を返すように言っただけで逆ギレして殺されたという事件もフィリピンのニュースで何回か見たことがある。

まさにキ○ガイに刃物だ。フィリピンでは私服警官や麻薬取締官、セキュリティだけでなく、一般人も稀に安全のために銃を持ってウロチョコしていることがある。フィリピーノがパンパンの小さなショルダーバックを持っている時はショルダーバックに財布や書類だけでなく、銃が入っていることがある。車に乗る時は必ず銃を持って行く人もいるそうだ。

アンへレスのバーには大金持ちの外国人が数人のフィリピーノのセキュリティを連れてくることがある。セキュリティは当然銃を持っているし、注目は大金持ちに集まるから、そういう場合は安全のためにもさっさとバーから出た方が良い。

ラウニオンはサーフィンが有名で、質素で働き者のイロカノが多いのに、こういう事件があることは残念だ。

サンキューポ

Pocket

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です