【ゴルフ】松山選手が全米オープン優勝のチャンス

ゴルフの四大メジャー全米オープン2日目に松山選手が82位タイから8位タイへ順位(首位と2打差)を伸ばし、初優勝の可能性が出てきた。

しかも世界ランキング1位のダスティン・ジョンソン選手や2位のロリー・マキロイ選手、3位のジェイソン・デイ選手が予選落ちをした。全米オープンで世界ランク上位3人が全員予選落ちに終わるのは1986年の世界ランク導入以降初めてらしい。

松山選手は現在世界ランキング4位だから、絶好のチャンスだ。世界ランキング1位のダスティン・ジョンソン選手が今シーズンめちゃくちゃ調子が良いから、本当にチャンスだ。

お母さんがフィリピーナ(ガンの治療中)のジェイソン・デイ選手は10オーバーで予選落ちだった。過去に世界ランキング1位になったことがあるジェイソン・デイ選手を応援しているが、なかなか復調しないことが残念だ。

全米オープン24位タイの小平選手と宮里選手の活躍も楽しみにしている。

サンキューポ

Pocket

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です