【要注意】海外の連休やお祭りの時の旅行は大変

出典:ABS-CBN News

出典:ABS-CBN News

海外旅行へ行く時はその国の連休やお祭りの予定を確かめてから旅行へ行くかどうかを決めた方が良い。大行列や大渋滞などで大変な目にあうかもしれないからだ。

▼目次

  1. 海外の連休などで大変な目にあったこと
  2. 1週間前後混雑が予想されるフィリピンの休日(2017年)
  3. アジアの他の国の連休
  4. フィリピンのホーリーウィーク(聖週間)の事故

海外の連休などで大変な目にあったこと

この3つの経験から海外の連休やお祭りの時は旅行へ行かないようになった。中国の行列の長さは半端じゃないし、横入りが多く列が進むのが遅くてかなりイライラする。アジアの他の国でも横入りはよくあるから、行列を待つことは大変だ。

  • バカンスシーズンにモロッコのアガディールへ行き、ホテルの空きがなく100軒以上のホテルをまわったが、2万円前後のスイートルームだけしか空いていなかった。3日後のバスチケットしか取れず、翌日150km以上離れたエッサウィラまでタクシーで移動した。
  • クリスマスシーズンの週末にマニラ(ニノイ・アキノ)国際空港からアンへレスまで移動したら、普段の倍の6時間以上かかった。大渋滞でマニラ(ニノイ・アキノ)国際空港からケソンの高速道路までのたった20km強に5時間もかかった。
  • 何かの祝日に中国の常平から広州へ移動しようとしたら、大行列でバスのチケットが買えずタクシーで約100km離れた広州まで移動した。広州までの高速道路は大渋滞で、広州では電車が満員で乗れなかった。

1週間前後混雑が予想されるフィリピンの休日(2017年)

  • 1月1日(日):New Year’s Day(元旦)
  • 4月14日(金):Good Friday(聖金曜日)
  • 11月1日(水):All Saints Day(諸聖人の日)
  • 12月25日(月):Christmas Day(クリスマス)

アジアの他の国の連休

  • 中国:春節、国慶節
  • タイ:年末年始、ソンクラーン(タイ旧正月)

中国人が多い国では春節や国慶節、イスラム教徒が多い国ではラマダンの予定を意識しておいた方が良いだろう。キリスト教徒が多いフィリピンでもラマダン明けは休日になる。

タイのソンクラーンの水かけ祭は楽しそうだから行ってみたいと思ったことがあるが、川や池の近くでは汚い川や池の水をかけられることがあるということを聞き、水かけ祭にまったく行きたくなくなった。

昔バンコクの水上マーケットへ行った時に川の水のあまりの汚さにびっくりしたことがある。アジアの汚い川の水がかかったら、汚れるだけでなく感染症で死んでしまうかもしれない。アジアでは大雨が降ると冠水することが多いから気をつけた方が良い。

フィリピンのホーリーウィーク(聖週間)の事故

フィリピンのホーリーウィーク(聖週間)は移動する人が多く、渋滞がひどかったり、サンデードライバーが運転するからか、交通事故が増える。交通事故のせいでさらに渋滞がひどくなり、終わっている。

ホーリーウィーク(聖週間)前からいろんな交通事故があったようだが、ABS-CBN Newsによると、写真のバンの事故はバギオの近くで地すべりでの事故らしい。

昔彼女フィリピーナとラウニオンへ行った時に近くのバギオへ行こうと言ったら、バギオへの道は山道で事故が多くバギオへ行くのは危ないから嫌だと拒否されたことがある。

フィリピンは運転が荒い人が多いから、山道での運転はかなり危険だろう。お金を払えば運転できなくても運転免許をゲットできるから、当たり前かもしれない。

フィリピンのホーリーウィーク(聖週間)は教会に人が集まり、スリが多いだろうから、教会周辺には近づかない方が良いだろう。

サンキューポ

▲目次にもどる

Pocket

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です