【万全】台湾からコロナ対策の個人輸入ヒドロキシクロロキンが届く!動画集252

コロナ対策HCQやイベルメクチン、二酸化塩素、亜鉛、5-ALA ホテル

台湾から中国コロナ対策のヒドロキシクロロキン(HCQ)が届いた。冬に向けてヒドロキシクロロキンやイベルメクチン、二酸化塩素、亜鉛、マルチビタミン、5-ALAが揃った。

台湾から中国コロナ対策の個人輸入ヒドロキシクロロキンが届く

ブラジルの大統領だけでなく世界の超大国の大統領や国家主席が服用し、治験件数がダントツに多いから、冬の中国コロナ対策としてヒドロキシクロロキン(HCQ)を買い、台湾から約2週間で届いた。イベルメクチンと同様に半錠を服用したが、量が少なかったこともあり、イベルメクチンと違って頭が痛くならなかった。

写真のとおり有名なヒドロキシクロロキンやイベルメクチン、二酸化塩素、亜鉛、マルチビタミン、5-ALAが揃った。ピルカッターも買ったが、きれいに半分に切れずにハサミと同じだったからハサミで十分だった。

接種率が高いイスラエルやアメリカ、シンガポールなどで陽性者数や死者数が急増!

日本など世界各国のコロナ死者数9/26

日本など世界各国のコロナ死者数9/26

接種率が高いイスラエルやアメリカ、シンガポールなどで中国コロナの陽性者数や死者数が急増していることからも接種の発症予防効果や重症予防効果はほとんどないことが証明された?中国コロナはどんどん弱毒化しているから、特に日本人などのアジア人(基礎疾患がある人や肥満は除く)は自然免疫や獲得免疫で十分に対応でき、中国コロナはただの風邪で副反応(副作用)が危険な接種なんか必要なかった?

シンガポール、「全員在宅勤務」を再開 27日から4週間(写真=ロイター)
【シンガポール=谷繭子】シンガポール政府は24日、新型コロナウイルス対策の行動規制を再び強化すると発表した。在宅勤務が基本で、外食で同席できる人数も制限する。期間は27日から10月24日までの4週間。住民の8割がワクチン接種を完了したが、新規感染が再び増えた。重症化する例は少ないが、医療逼迫を懸念した。在宅医療も増やす...
日本など世界各国のコロナ感染状況9/26

日本など世界各国のコロナ感染状況9/26

「期間は27日から10月24日までの4週間。現状ではオフィスで働く人の50%が出勤できるが、これを「基本は全員在宅勤務」に切り替える。製造現場など、在宅が難しい職場の場合は、週1回の抗原検査を強く勧める。
外食で同席できるのは現状、ワクチン接種済みを条件に最大5人まで。これを同2人に減らす。3人以上の集会を禁止する。ほかの家を訪れる際の人数も2人までに抑える。」

接種率が高いシンガポールの悲惨な感染状況9/26

接種率が高いシンガポールの悲惨な感染状況9/26

同じアジアの先進国シンガポールでは今年はほとんど陽性者数がいなくて接種率が8割を超えたのに陽性者数が急増してしまいまたロックダウンになってしまった。日本からシンガポールにわざわざ移住した芸人家族は何を思うのか?

新型コロナワクチンについて | 首相官邸ホームページ
新型コロナワクチンの接種に関するお知らせ、ワクチンについての情報などを掲載しています

日本の65歳以上の1回接種が90.2%を超えてしまった。京都の中心部は一方通行の1車線の道が多いが、車が来てなくても多くの人が赤信号で待っている。安全を重視するなら信号を待っている間だけでも接種の安全性や危険性、世界各国の悲惨な感染状況をネットで確認してから判断したら良かったのに。

View post on imgur.com

Sika先生が特に若者は接種の解毒が簡単にできるようなことを説明されているが、逆転写酵素が機能しているなら大変なことになっていると思うが?若い人ほどガンの進行は早い(若い人は進行の早いガンを発症しやすい)し。

1年半以上経っても中国の武漢研究所からの中国コロナ流出説は謎?

武漢研究所、遺伝子操作でヒトへの感染力を強める実験を計画していた
<アメリカの非営利研究機関に協力するかたちでコロナウイルスの感染力を高め、「ヒト...

「問題の研究計画は、米非営利研究機関「エコヘルス・アライアンス」(ピーター・ダザック代表)が米国防総省傘下の防衛先端技術研究計画局(DARPA)に提案して、研究の助成を申請したものだ。武漢の研究者たちは、計画の「パートナー」として提案文書に記載されていた。同文書には、計画の「準備は順調に進んでいる」と記されていたものの、DARPAは研究の助成を拒否。その後、計画がどうなったのかは分かっていない。
エコヘルス・アライアンスはまた、デューク・シンガポール国立大学医学部、米ノースカロライナ大学、パロアルト研究所(カリフォルニア)、米地質調査所・国立野生動物保護センターおよび中国・武漢ウイルス研究所の研究者たちと協力して、研究を進める計画だと文書に明記。研究には3年半かかると推定しており、DARPAに研究費1400万ドルの助成を要請していた。
DRASTICによる数々の暴露が、彼らに懐疑的だった欧米のメディアや科学界に影響を及ぼすようになると、バイデン米大統領は米情報機関にウイルスの起源を特定するよう命じた。情報機関は8月に報告書を公開したが、ウイルス起源に関する結論は見送った。」

1年半以上経っても中国の武漢研究所からの中国コロナ流出に関する報告書をアメリカが公開しないこともどうしようもない。中国コロナの研究に流出前後までアメリカやシンガポールの大学や研究所が関わっていたなら終わっている。未だに公開されない理由は一体何なのか?

【セット品】DHC 亜鉛 60日 60粒 3袋セット
DHC(ディー・エイチ・シー)
¥1,297 (¥7 / 粒)(2022/09/15 14:04時点)
DHC ビタミンC(ハードカプセル)90日分
DHC(ディー・エイチ・シー)
¥679 (¥4 / 粒)(2022/09/15 14:45時点)
【セット品】DHC ビタミンD 30日分 4個
DHC(ディー・エイチ・シー)
¥1,182 (¥296 / 個)(2022/09/15 14:08時点)
アラプラス ゴールド90粒
アラプロモ
¥5,000 (¥5,000 / 個)(2022/09/15 14:10時点)







コメント

タイトルとURLをコピーしました