【製薬利権】どっちの接種も逆効果で同じだから余ってる方を在庫処分のために接種させられる日本!

日本の2020年と2021年の死者数比較10月 危険な事件や事故

どっちの副作用が危険なバカチン接種も逆効果で同じだから余ってる方を在庫処分と株価調整のために押し付けられて接種する植民地の日本はあまりにも悲惨だ。

どっちの接種も逆効果で同じだから余ってる方を在庫処分のために接種させられる日本

首相「モデルナ製を接種したい」 交互接種の懸念払拭
岸田文雄首相は24日、新型コロナウイルスワクチンの自らの3回目接種について「米モデルナ社のワクチンを接種したい」と表明した。2回目までは米ファイザー製を打っていた。異なるメーカーのワクチンを使う交互接種への懸念を払拭する

「岸田文雄首相は24日、新型コロナウイルスワクチンの自らの3回目接種について「米モデルナ社のワクチンを接種したい」と表明した。」

ベルギー、心臓炎症のリスクで若年層向けモデルナワクチンを中止|Spiderman886|note
ベルギー、心臓炎症のリスクで若年層向けモデルナワクチンを中止 2022年1月21日(金)by:ラモン・トーメー (NaturalNews)ベルギーは、30歳以下のベルギー人に対するモデルナの武漢コロナウイルス(COVID-19)ワクチンの投与を停止した。ヨーロッパ諸国は、このmRNAワクチンを中止する理由として、心臓...

イスラエルでは3回目接種者も4回目接種者も感染しまくっているのに日本では副作用が危険で世界各国で接種が停止になり株価が大暴落しているM社の方を在庫処分と株価調整のために打たされるなんて植民地の日本はやっぱり悲惨だ。

ちなみにP社の株価が150.98ドル、M社の株価が157.30ドルとM社の株価はさらに大暴落している。接種に効果があるなら株価が暴落するわけがないから、いかに未接種者よりも接種で免疫力が低下した接種者が感染しまくり、副作用で他の病気にかかっているかがよくわかる。

【製薬利権】テレビのインチキコロナ専門家のウソ発言だけでも危険な接種が逆効果とバレる!
テレビのワイドショーのインチキコロナ専門家の北村や二木、こびナビなどのウソや捏造発言を確認するだけで副作用が危険なバカチン接種が逆効果とバレてしまう。
  1. 2回接種率79.2%(3回接種率1.9%)の日本では100万人当たりの陽性者数が273人
  2. 2回接種率65.7%(3回接種率54.4%)のイスラエルでは100万人当たりの陽性者数が6,749人
  3. 2回接種率80.7%(3回接種率59.2%)のデンマークでは100万人当たりの陽性者数が6,163人
  4. 2回接種率89.1%(3回接種率42.9%)のポルトガルでは100万人当たりの陽性者数が4,546人
  5. 2回接種率44.3%(3回接種率0%)のインドネシアでは100万人当たりの陽性者数が7.6

世界各国の陽性者数と2,3回接種率を比較すると、バカチン接種に効果がないどころか逆効果であることが証明されているのに植民地の日本は宗主国の命令に逆らえないから、国民の安全や生活を犠牲にして国会議員や知事たちは政治生命をゲットしている。

検査なしで医者が感染を判断からもPCR検査もインチキとわかる!

濃厚接触者 検査なしでも医師が感染と診断可能に 厚労相 | NHKニュース
【NHK】新型コロナウイルスの感染拡大を受けて、後藤厚生労働大臣は、自治体が判断すれば、感染者の濃厚接触者に発熱などの症状が出た場…

「新型コロナウイルスの感染拡大を受けて、後藤厚生労働大臣は、自治体が判断すれば、感染者の濃厚接触者に発熱などの症状が出た場合、検査を受けなくても、医師が感染したと診断できるようにする方針を明らかにしました。」

発熱などの症状がある場合は検査を受けなくても医者が感染の判断ができるようになったことから最初からPCR検査で中国コロナに感染しているかどうかがわからないことをやっと暴露した。

  1. PCR検査の陽性でも中国コロナに感染しているかどうかはわからない
  2. 中国コロナはただの風邪
  3. 副作用が危険なバカチン接種は逆効果で未接種者よりも接種者が感染している

インチキコロナ騒動の根幹であるPCR検査はポンコツ、中国コロナはただの風邪、副作用が危険なバカチン接種は逆効果が証明されたから、金儲け(製薬利権)のために2年間も中国コロナのウソや捏造で日本経済を破壊し続けた医者や国会議員、知事、役人などはすぐに逮捕が必要だ。

【セット品】DHC 亜鉛 60日 60粒 3袋セット
DHC(ディー・エイチ・シー)
¥1,297 (¥7 / 粒)(2022/09/15 14:04時点)
アラプラス ゴールド90粒
アラプロモ
¥5,000 (¥5,000 / 個)(2022/09/15 14:10時点)







コメント

タイトルとURLをコピーしました