【利権】コロナ風邪の接種より高い新薬の副作用の方が強い可能性が高いのに反ワクの医者も接種だけ批判?

日本の死者数の増減や超過死亡数のグラフ2022年9月まで ホテル

コロナ風邪のバカチン接種より高い新薬の副作用の方が強い可能性が高いのに反ワク(製薬利権)の医者も接種だけしか批判しないから、日本では未だにインチキコロナ騒動が続いて悲惨だ。

コロナ風邪の接種より高い新薬の副作用の方が強い可能性が高いのに反ワクの医者も接種だけ批判?

市販薬と処方薬の違いについて - JA福島厚生連
ラジオをお聞きの皆さんおはようございます。高田厚生病院 薬剤科 薬剤師の澁川直久です。本日は「市販薬と処方薬の違いについて」についてお話させていただきます。 みなさん市販薬と病院などで処方される薬の違いをご存知でしょうか。病院などで処方される「医療用医薬品」は、医師による処方が必要なもので、「処方薬」と呼ばれることも...

「処方薬は、市販薬に比べて効き目が強く、副作用の心配も大きい薬です。市販薬は、症状が軽めの段階で使うことを目的としています。処方薬に比べると効き目も副作用も穏やかですが、どのような薬にも副作用の危険性があります。」

薬とワクチン 違いって何?/ニュースの教科書 - 社会 : 日刊スポーツ
5月に入って、新型コロナウイルス感染症(かんせんしょう)で効果が期待される「レムデシビル」が、アメリカや日本で治療薬として使っていいと認められました。日本では… - 日刊スポーツ新聞社のニュースサイト、ニッカンスポーツ・コム(nikkansports.com)

「ワクチンはウイルスなどを弱くしたものなどを予防接種(よぼうせっしゅ)として体に入れて、悪いヤツとの闘いを経験、準備させるわけです。」

どんな薬や接種にも作用と副作用があり、市販薬と処方薬のように接種よりも処方薬の方が副作用が強い可能性が高いのにコロナ風邪のバカチン接種だけを批判している反ワクの医者は一体何なのか?

【危険】欧米では使ってないコロナ風邪の高い新薬を厚生労働省が購入し医療機関に無償譲渡!
欧米が発注を取り消したり、特例承認を取り消したりしたコロナ風邪の高い新薬を厚生労働省(日本)が在庫処分のために購入させられ、医療機関に無償譲渡してるなんて絶句する。反ワクの医者が危険な高い新薬を批判しないのは他の製薬利権に所属しているからか?

しかも宗主国の欧米では効果なし副作用が確定したから、使用を停止した高い新薬を日本では未だに税金を無駄にして使っているのに批判しない。バカチン接種は製薬利権が必死に情報操作をしているから、今のところ効果あり副作用として使われ続けているのにこっちだけ批判することは明らかにおかしい。

【利権】反ワクの医者も効果なしインフル接種やコロナ新薬をなぜ批判しないのか?
バカチン接種を批判している反ワクの医者も打て打てと煽りまくっている製薬利権の医者と同様に効果なし副作用で有名なインフル接種やコロナ風邪の高い新薬をなぜ批判しないのか?効果がなくて副作用があり、危険とわかっているくせに儲かるから使ってきたからだ。別の製薬利権に所属しているから結局やってることはそんなに変わらない。

そんな反ワクの医者が効果なし副作用が確定したインフル接種を金儲けのために打ちまくっているから、どこかの製薬利権に所属している可能性が高いのに反ワク信が信仰を始め、コロ脳やワク信との泥仕合になっている。

重症化しない子供へも未だに接種を推奨する謎?

バカチン接種に感染予防効果がないことがバレたのに未だに重症化しない子供への接種を推奨するのは金儲けのためでしかない。接種以前にインチキコロナ騒動中でも売国知事が当選する平和ボケ日本なんだからどうしようもない。

宗主国の命令や製薬会社との秘密保持契約に逆らって危険を冒して密かにバカチン接種の危険性を大臣たちが一応教えてくれたのに接種前から批判してない反ワクが批判しやすい政府だけを後出しジャンケンで批判し、コロナ風邪の接種しか批判しない反ワク(製薬利権)の医者を信仰してもいつまで経っても変わらんわな。情報操作の中にいるから。

DHC マルチビタミン 90日分
DHC(ディー・エイチ・シー)
¥957 (¥11 / 粒)(2022/09/15 14:05時点)
【セット品】DHC 亜鉛 60日 60粒 3袋セット
DHC(ディー・エイチ・シー)
¥1,297 (¥7 / 粒)(2022/09/15 14:04時点)



コメント

タイトルとURLをコピーしました